PHPspeed でベンチマーク



当サイトで紹介している各レンタルサーバーの実際のパフォーマンスをチェックするために、各種のベンチマークテストを実行しています。

前回PHP Benchmark というスクリプトを利用して、PHP のベンチマークテストを行いました。

今回は、PHPspeed という別のスクリプトを利用して、PHP や MySQL などを含めたサーバーのパフォーマンスを確認してみました。



データベースのパフォーマンスをベンチマークテストで比較【2017年版】(PHPspeed)


PHPspeed とは?

前回の PHP Benchmark は PHP だけのパフォーマンスを測定するスクリプトでしたが、今回の PHPspeed は PHP のみではなく、PHP を利用して MySQL を含めたパフォーマンスをチェックしたり、データの読み書きテストなどを含めた、全部で 6つのテストを実施できます。

各テストの名称と概要は以下の通りです。

Synthetic PHP BenchMark

PHP 総合ベンチマーク
PHP の様々な機能をテスト。実環境のサイトパフォーマンスをチェックするものではない。

Synthetic MySQL Test

MySQL 総合テスト
MySQL がデータベースに読み書きする速さを測定するテスト。実環境のサイトパフォーマンスをチェックするものではない。

Read/Write to File Test

ファイルの読み書きテスト
サーバーがハードドライブからファイルを読みだしたり、ファイルを書き込んだりする速さを測定するテスト。CPU やメモリの量によっても影響を受ける。

Real World PHP Test

PHP の実環境テスト
MySQLを用いた PHP の実環境テスト
4つの様々なサイズの PHP ページを読み込む時間を計測する。このベンチマークではデータベースからは何も読み込まず、サーバー上にある PHP のページを読み込む実環境の時間を測定する。

Real World PHP w/ MySQL Test

MySQL へのアクセスを含めた 4つの様々なサイズの PHP ページを読み込む時間を計測するテスト。Web上に存在するようなダイナミックな Webページをシミュレートした実環境テスト。

Server Benchmark

サーバーベンチマーク
サーバーの処理速度を全体的に測定するテスト。MySQL+PHP 総合テスト、MySQL を用いない PHP ページ読み込みテストと PHP のファイル読み込み/書き込みテストが含まれる。


PHPspeed の実施結果は?

今回は、この PHPspeed を PHP benchmark と同様、平日に時間帯を変えて、全部で7回実行しました。

時間帯についても、時間ごとのブレを見るために、PHP benchmark と同じ 9時・12時・15時・17時・19時・21時・23時台に実施しています。

その全データの平均値を集計した結果が、以下の表です。



なお、残念ながら、このスクリプトが古い影響か、使用されている一部の関数が PHP の新しいバージョンに対応していませんでした。

そのため、お名前.com は実施ができませんでした。また、WADAX に関しても、「Read/Write to File Test」だけが動作しませんでしたので、その部分だけ抜いてあります。



Synthetic PHP BenchMark Synthetic MySQL Test Read/Write to File Test Real World PHP Test Real World PHP w/ MySQL Test Server Benchmark 順位
WADAX 11,277 35,505 15,766 7,623 6,765 1
エックスサーバー 14,373 6,008 5,333 13,595 7,937 6,010 2
カゴヤ 19,148 1,565 7,215 21,658 10,801 4,686 3
ロリポップ 10,742 4,743 5,160 13,572 7,543 5,276 4
WebARENA 7,446 19,135 3,612 8,800 5,180 4,430 5
heteml 8,642 3,589 3,452 11,352 6,554 4,280 6
クローバー 9,961 2,001 3,767 9,568 5,017 3,588 7
ABLENET 9,823 2,834 3,497 7,781 5,485 4,034 8
さくら プレミアム 10,091 1,425 3,554 5,686 3,961 1,916 9
SpeeVer 6,463 2,260 2,036 6,706 3,909 2,220 10
Bizメール 3,800 1,220 1,566 4,466 2,433 1,556 11
iClusta+ 4,715 923 1,349 2,079 729 965 12



結果の数値は、数が大きいほうがよりパフォーマンスが高いです。



こちらのベンチマークでも、各項目で最も高いパフォーマンスを出しているのは、カゴヤとWADAXで、この二社ですべてのテストの 1位を独占しています。

カゴヤは「Synthetic PHP BenchMark」「Read/Write to File Test」「Real World PHP w/ MySQL Test」で最高値、WADAXは「Synthetic MySQL Test」と「Real World PHP Test」「Server Benchmark」の 3つが最高値です。

上に書いた通り、WADAX は「Read/Write to File Test」を実施できていないので、実施できていたらまた少し違った結果だったかもしれません。



以上のように、各社のパフォーマンスの差は結構大きくあります。

ただ、便宜上各項目ごとにパフォーマンスで順番をつけ、さらにその順位から総合の順位を出してみました。



各項目のパフォーマンス状況から、カゴヤと WADAX が当然 1位と2位を独占すると思われたのですが、1位 WADAX、2位はカゴヤではなく、エックスサーバーになりました。

カゴヤはパフォーマンスがいい項目はとてもいいのですが、「Synthetic MySQL Test」と「Server Benchmark」でばらつきがみられたため、総合評価ではエックスサーバーが上、という結果になったわけです。

エックスサーバーの安定感の高さが、ここでもカゴヤを抑えて 2位に食い込むことにつながったと言えるでしょう。


PHPspeed のまとめ

以上、PHPspeed によるベンチマークの結果でした。

前回の PHP Benchmark に引き続き、エックスサーバー・カゴヤ・WADAX の 3社が上位 3位までを占める結果となりました。

特にエックスサーバーについては、いずれの項目もトップを他の 2社に譲ったものの、総合力では 2位に食い込むという検討を見せるという、なかなか興味深い展開になりました。

個別のパフォーマンスは重要ですが、やはり安定感が重要だとあらためて感じました。そういう意味で、パフォーマンスと安定感のバランスが取れたエックスサーバーはおすすめですね。



データベースのパフォーマンスをベンチマークテストで比較【2017年版】(PHPspeed)