WordPress の表示速度を徹底比較(5年以上の独自調査データあり)

WordPressの表示速度を徹底比較!
5年以上に渡る独自調査データあり

レンタルサーバー各社の「素の状態」での表示速度を徹底比較!

Web サイトの表示速度は、ユーザー体験や検索エンジンの評価に大きく影響するため、レンタルサーバー各社も速度向上に非常に力を入れています。

当サイトでは、過去 5年以上に渡り、レンタルサーバー各社の表示速度を計測し、比較してきました。
ここでは、個人向け / 法人向けに分けて、それぞれのこれまでの結果をまとめています。

なお、各サーバーで WordPress を構築した際の初期設定の状態で計測したデータで、有効化されていない各種高速化機能は使用していない状態です。
いわば、「素に近い状態」であり、ある意味でサーバー自体のパフォーマンスを比較することができると言えるでしょう。

もし高速化機能をフルで使用した場合の速度を確認したい場合は、以下のページをご参照ください。

個人向けレンタルサーバーの WordPress 表示速度比較

これまでの総合では、エックスサーバーが1位。2位の ColorfulBox を始め、他社の追い上げも熾烈な状況に

個人向けのレンタルサーバーについて、これまでの結果を総合した一覧です。

サーバー名 プラン名 総合 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
エックスサーバー X10 1位 1位 1位 1位 1位 4位
ColorfulBox BOX2 2位 6位 3位 1位
ConoHa WING ベーシック 3位 4位 2位 5位
heteml ベーシック 4位 4位 2位 2位 4位 7位
mixhost スタンダード 5位 2位 5位 3位 5位 6位
ロリポップ! ハイスピード 5位 3位 4位 5位 7位 2位
スターサーバー スタンダード 7位 3位 7位 6位 3位
さくらの
レンタルサーバ
スタンダード 8位 5位 6位 8位 8位 8位
※「-」は提供開始前のため未計測
※ ロリポップ!は、2019年以前は「スタンダード」プランにて計測(「ハイスピード」プランが未提供ものため)

上記のとおり、長らくエックスサーバーがトップを獲得していましたが、新たに提供を開始したサーバー群の追い上げにあって、やや苦戦し始めている状況です。
特に、2位の ColorfulBox と 3位の ConoHa WING は安定して上位に位置付けているため、性能の高さがうかがえます。

各社は、毎年のようにサーバの基盤のアップグレードやサービスをリリースしていますので、いつ順位が変わるかはわかりませんが、現状では、17年以上の運営歴を持つ エックスサーバー が安心でしょう。


月額料金20%OFF(792円~)+独自ドメイン2つ永久無料!
(2021年7月29日(木)18:00まで )

エックスサーバーのお申し込みはコチラ


法人向けレンタルサーバーの WordPress 表示速度比較

長らくトップを維持していた sixcore が提供終了。同社の提供する法人向けサービス「エックスサーバービジネス」に期待。

以下は、法人向けのレンタルサーバーについて、これまでの結果を総合した一覧です。

サーバー名 プラン名 総合 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
エックスサーバー
ビジネス
B10 1位 1位
sixcore S1 2位 2位 1位 1位 1位
WADAX TypeB 3位 4位 2位 2位 2位 2位
CPI シェアード
プラン
SV-Basic
4位 1位 3位 3位 3位
iCLUSTA+ ミニ 5位 5位 4位 3位 4位 4位
※「-」は提供開始前のため未計測
※ CPI は、2018年以前は「シェアードプランACE01」プランにて計測(プランリニューアルによる)
 また、2019年はサーバーにブロックされ計測NG

法人向けサーバの場合は、どちらかというと表示速度よりも安定性や機能面が重視されます。

そのため、参考程度にしていただければと思いますが、「sixcore」の後継としてリリースした「エックスサーバービジネス」や「WADAX」であれば、会社自体の運営歴も長いので、安心して利用が可能でしょう。

ネットビジネスにおいてサイトの表示速度が重要な理由

Webサイトは見てもらってなんぼ。サイトの表示速度が遅くてユーザーが離脱してしまうことを可能な限り防ぐ必要がある

ブログやアフィリエイトなどのネットビジネスを行うにあたって最も重要なのは、ユーザーに見てもらうことです。
当たり前のことですが、ユーザーにサイトを見てもらわないことには、ファンになってもらうこともできませんし、収益も一切発生しないからです。

しかし、Google などで目当てのキーワードを検索して、リンクをクリックした後に、サイトがなかなか表示されなかったら、どうでしょう?
あなたも身に覚えがあると思いますが、なかなかサイトが表示されなかったら、そのページは閉じて、別のサイトに移動してしまうのではないでしょうか?

また、検索の最大手である Google は「Webサイトの表示速度が重要な理由」として、以下のような情報を挙げています。

ページの読み込みに時間がかかると、直帰率に深刻な影響を及ぼします。
具体的には:
・ページの読み込み時間が 1 秒から 3 秒に増加すると、直帰率は 32% 増加します。
・ページの読み込み時間が 1 秒から 6 秒に増加すると、直帰率は 106% 増加します。
・遅いと判断されたページは、Google 検索のランキングが下がる可能性があります。

https://support.google.com/webmasters/answer/9205520?hl=ja

このように、サイトの表示が遅いことで、お客には逃げられ、検索エンジンからの評価も下がるため、収益が落ちる可能性が高まってしまいます。

WordPress サイトの表示速度をアップするには、画像を圧縮する、プラグインの調整をするなど、細かい技はいろいろありますが、それなりの技術が必要にもかかわらず、効果は限定的です。
逆に、最も簡単、かつ効果的なのは速いレンタルサーバーを借りることなんです。

速度比較の条件などの詳細

全く同じコンテンツを入れた WordPress サイトで比較。コンテンツの内容は無料で提供されているものなので、誰でも再現が可能

測定を行った環境や条件ですが、すべてのサーバーに全く同じコンテンツを入れた WordPress サイトを構築しています。

以下が、その詳細条件です。

WordPress のバージョン 計測時点での最新バージョン(計測中は自動更新無効)
WordPress のテーマ Twenty Nineteen など、その年の最新テーマ (TwentyTwenty Twenty)
WordPress プラグイン WP Multibyte Patch / Akismet / Hello Dolly
コンテンツ内容 WPテーマユニットテスト (すべてのコンテンツをトップページに表示した状態)
測定ツール monitis 測定元サーバー(東京・新宿)
測定期間 7日間(約500回のモニタリング回数)
測定内容 WordPress サイトの表示速度 (20分ごとに計測を実施)
測定状況の詳細 日本国内のサーバーから Webサイトの表示を要求し、
サイトデータの 取得完了までの時間を計測
/ 測定用ブラウザは Google Chrome を使用
/ コンテンツ内の特定の文字列が取得できるかもチェック

プラグインに関しては、WordPress をインストールした際にデフォルトで導入されていることが多いというだけで特に意味はありません。

コンテンツの内容には、WordPress が無料で提供している「WPテーマユニットテスト」というテスト用のデータを使用しています。
これは誰でも無料でダウンロードできるため、誰でも同じ条件で計測が可能です。

レンタルサーバーによっては、初期状態で一部の高速化機能が有効になっているものもありますので、計測したデータは、完全にサーバーそのもの(OS やメモリなど)だけの実力とは言えません。
当初は PHP のバージョンなども一致させ、すべてのサーバーの条件を可能な限り同一にしようとしましたが、現在は多様化が進みすぎて難しくなったため、断念し、サーバーの「初期設定状態」ということで統一しています。

過去に実施した調査の詳細記事

「WordPress の表示速度を徹底比較」企画は2017年から実施。より具体的なデータについては、各記事を参照

サーバー各種計測については、2016年から実施していますが、当初は Webサーバーや PHP(言語)や MySQL(データベース)のパフォーマンスなどを個別に計測していました。

レンタルサーバー各社の公式サイトで、「わが社が一番高速!」と書いてある記述を見かけたことがあると思いますが、その多くは Web サーバーのパフォーマンス自体を計測する、ベンチマークツールで計測したものです。

しかし、実際にその個別パフォーマンスを計測してみたところ、いずれも Web サイトの表示に直結しているとは考えにくく、総合力勝負であることがわかりました。

それからは、個別のパフォーマンスチェックはやめ、WordPress の速度を直接計測するようにしています。
ユーザーにとっては、サイトが速く表示されることが何よりも重要だからです。

WordPress を構築して表示速度を計測し始めたのは、2017年からです。(2017)年は使用しているツールが異なります)

各年ごとの調査の詳細は、以下の記事でご確認ください。

2016年~2017年に計測した他の機能のパフォーマンスに関しては、以下の記事で紹介しています。

個人向けで最速のレンタルサーバー

個人向けで表示速度の速いレンタルサーバーは、「エックスサーバー」!高速化機能を使用した場合でもトップを維持中

個人向けのレンタルサーバーでは、総合でエックスサーバーが1位を獲得しています。

エックスサーバーは、国内シェア No.1 のレンタルサーバーで、運用サイト数 190万件以上と、非常に人気の高いサーバーです。
また、運用実績も17年以上で非常に安定しており、信頼できるレンタルサーバーです。


月額料金20%OFF(792円~)+独自ドメイン2つ永久無料!
(2021年7月29日(木)18:00まで )

エックスサーバーのお申し込みはコチラ


レンタルサーバー速度比較

サーバー別のWordPress表示速度を独自調査データで比較【2021年版】

年々、検索エンジンでの評価におけるWebサイトの表示速度の重要性が増してきています。 検索の最大手である Google は「Webサイトの表示速度が重要な理由」として、以下のような情報を挙げています。 ページの読...
レンタルサーバー速度比較

サーバー別のWordPress表示速度を独自調査データで比較【2020年版】

年々、検索エンジンでの評価におけるWebサイトの表示速度の重要性が増してきています。 検索の最大手である Google は「Webサイトの表示速度が重要な理由」として、以下のような情報を挙げています。 ページ...
レンタルサーバー速度比較

サーバー別のWordPress表示速度を独自調査データで比較【2019年版】

年々、検索エンジンでの評価におけるWebサイトの表示速度の重要性が増してきています。 Google は、以前から Webサイトの表示速度を検索結果のランキング要素としていましたが、さらに 2018年7月に「スピードアップデ...
レンタルサーバー速度比較

サーバー別のWordPress表示速度を独自調査データで比較【2018年版】

これまで何度も触れてきたように、年々Webサイトの表示速度の重要性が増してきています。 Google は、すでにサイトの表示速度を検索結果のランキング要素としていましたが、さらに 2018年7月に「スピードアップデート」を...
レンタルサーバー速度比較

WordPressサイトの表示速度をレンタルサーバー各社で比較【2017年版】(GTmetrix)

近年、ますますWebサイトの表示速度の向上が重要性を増してきています。Google は、2010年にサイトの表示速度を検索結果に反映することを発表しています。 また、2016年11月には MFI(モバイルファースト...
タイトルとURLをコピーしました