ペパボ対決!「ロリポップ!」v.s.「heteml」-機能とパフォーマンスを徹底比較!

ペパボ対決!「ロリポップ!」v.s.「heteml」-機能とパフォーマンスを徹底比較!

ポップなビジュアルで、若い層を中心に人気の高い「GMOペパボ株式会社」が提供するレンタルサーバーである、「ロリポップ!」「heteml(ヘテムル)」。わかりやすさ、使いやすさという点でも、非常に高い評価を得ています。

元々は「低価格帯のロリポップ!」、「高機能で上級者向けの heteml」という形で差別化していた 2つのサービスですが、ロリポップ!が同じ価格帯のプランをリリースしたことや、サーバーのスペックやサービスの変化などにより、heteml の位置づけが微妙になってきました。

では、今ネットビジネスで利用するとしたら、ロリポップ!と heteml、どちらのレンタルサーバーがいいのでしょうか。

今回は同じ会社のサービスである、「ロリポップ!」と「heteml」のサービスからサーバーのパフォーマンスの詳細まで、独自調査データを交えて徹底比較してみました。

現時点の結論としては、以下のとおりです。

・ロリポップ!と heteml のいいとこどり+高速表示できる
 ロリポップ!「ハイスピード」プラン の一択!

では、具体的に比較した内容の詳細を見ていきましょう。

heteml とロリポップ!のスペック~サービスの詳細を比較

まずは、hetemlロリポップ!の主なサービス概要の違いから見ていきましょう。
ここでは、ちょうど価格帯が被る月額 500円~1,000円台のプランを比較します。

ロリポップ!
(スタンダード)
heteml
(ベーシック)
ロリポップ!
(ハイスピード)
heteml
(プラス)
月額費用(税抜)440円~880円~550円~1,760円~
初期費用(税抜)1,650円2,200円無料2,200円
ディスク容量250GB200GB320GB300GB
マルチドメイン数200個無制限無制限無制限
データベース数50個70個無制限100個
転送量24TB/月160GB/日30TB/月200GB/日
お試し期間10日間15日間10日間15日間

同じ会社とはいえ、別々のサービスではあるのですが、おおむね料金とスペックは比例する形になっていました。

しかし、2020年8月のロリポップ!リニューアルに伴い、ハイスピードプランが初期費用無料+月額最低料金が500円~になりました。さらに料金だけではなく、スペック的にも heteml の上位プランであるプラスを超えていますので、もう比較しても意味がない感じになっています。

現状は、完全にロリポップ!「ハイスピード」プランの独り勝ちです。

転送量とは?
Web サイトの表示の際に、サーバーから閲覧者の PC に向けて送られるデータ量のこと。Web サイトへのアクセス数が多く、この転送量の上限をオーバーすると、アクセスが遮断され、サイトが閲覧できなくなってしまう可能性がある

サーバースペックの違いをチェック

次に、サーバー周りのスペックの違いをチェックしてみましょう。

ロリポップ!
(スタンダード)
ロリポップ!
(ハイスピード)
heteml
WebサーバーソフトApacheLiteSpeedApache
記憶媒体オールSSDオールSSDオールSSD
データベースMySQLMySQLMySQL
CPU非公開非公開 非公開
メモリ非公開非公開 非公開
PHPCGIモード/モジュールモードLiteSpeed版CGIモード
/モジュールモード
高速化機能HTTP/2・ロリポップ!アクセラレータ
・コンテンツキャッシュ機能
HTTP/2
・コンテンツキャッシュ機能
アクセス増対策○(同時アクセス数機能拡張
(ブースト機能))
なし

CPU やメモリなどのスペックに関しては、どちらも非公開のため不明です。

その他の機能に関しては、ロリポップ!のハイスピードが最新のプランだけあり、より高いスペックを持っており、ロリポップ!と heteml のいいところどり+αといった感じで、頭一つ抜けている印象です。

特に土台になるサーバーソフトが LiteSpeed に変わっている点によって、実際のパフォーマンスに差が出そうです。

その他の主なサービスの違い

次に、その他の仕様の中で違いがみられるものや、重要な機能やサービスと思われるものをいくつかピックアップし、比較してみました。

ロリポップ! ロリポップ!
(ハイスピード)
heteml
無料独自SSL○(Let’s Encrypt) ○(Let’s Encrypt) ○(Let’s Encrypt)
WAF(Webアプリケーション
ファイアウォール)
バックアップ△有料
(Web/メール
/データベース)
〇無料
(※保存期間
などは不明)
〇無料
(Web/メール:7日間、
データベース:14日間)
(バックアップからの復元)○(無料)△(有料)△(有料)
プラン変更○(上位)○(上位)○(上位)
電話サポート△(スタンダード以上)
・チャットサポートは
全プランあり
アダルトサイト×××
データセンター国内国内 国内
お試し期間10日間10日間 15日間
キャンペーン初期費用無料など初期費用無料など初期費用無料など

こちらについては、ほぼサービスに差はありません。

あるとすれば、ロリポップ!のハイスピードに無料バックアップがついていること、お試し期間が heteml のほうが長いといったあたりだけです。

各サーバーのパフォーマンスを比較

では、次に各サーバーの実力を比較してみましょう。サーバーの性能はスペックだけではわかりません。そのため、実際に各サーバーを使用して検証を行った結果をもとに、実際の能力差を見てみたいと思います。

比較に使用するのは、当サイトで独自に調査したデータで、ロリポップ!「ハイスピード」heteml「ベーシック」を比較した結果です。
(※ 2021年の計測データを基にしています。)

サーバーの安定性を比較

まず、サーバーで最も重要な「安定性」からチェックします。

調査は Webサーバーの監視ツール「Site24x7」を利用したもので、約 7日間× 6か月間に渡ってサーバーの稼働率と応答速度をモニタリングした結果を比較します。

「応答速度」は、外部からサーバーに対してサイトのデータを送るよう命令を送った際(HTTPリクエスト)に、どのくらいで応答を返してきたかを計測したもので、数値が小さいほうが応答は速いため、より良いサーバーということになります。

また、「応答なし回数」は、リクエストを送ったにもかかわらず、サーバーから応答がなかった(または、かなり遅かった)、つまり Webサイトの表示ができなかった可能性があると考えられますので、応答なしの回数が少ないほうが安定性の高いサーバーといえます。

Webサーバーの安定性比較(稼働率と応答速度)

順位サーバー名
(プラン名)
項目平均7月8月9月10月11月12月
2位ロリポップ!稼働率 100%100%100%100%100%100%100%
応答速度263.8206.0298.0245.0244.0370.0220.0
7位heteml稼働率99.994%100%99.983%100%100%99.993%99.987%
応答速度449.2702.0517.0439.0541.0427.0459.0
8社平均稼働率99.995%100%99.974%99.999%100%99.999%99.998%
応答速度389.4413.9421.5337.1386.0388.0350.0
※無断転載禁止
※稼働率の単位は「%」、応答速度の単位は「ミリ秒」

稼働率については、ロリポップ!がなんとすべて 100%を達成しています。
一方の heteml は 3か月ほど 100% を達成できていない月があり、結果として 99.994% という結果になってしまいました。(6か月トータルで約60分ほどのサーバー停止があったことになる)

応答速度もロリポップ!がかなり速く、平均で heteml の半分ほどの速さを実現できています。

WordPressの表示速度を比較

次に、各サーバーに設置した WordPressサイトの表示速度を比較してみます。表示速度の計測には、同じく Site24x7 を使用しています。こちらも約 7日間× 6か月間に渡る調査結果です。

結果の数値については、小さいほうが速く表示できるということを意味しますので、数値が小さいほうがより良いサーバーということになります。(計測に使用したWebサイトのデータは共通)

WordPress の表示速度比較

順位サーバー名
(プラン名)
平均(秒)7月8月9月10月11月12月
2位ロリポップ!(ハイスピード)3.62(3.621)3.422.952.904.414.113.94
4位heteml(ベーシック)3.913.833.423.114.644.254.21
8社平均4.023.664.393.264.524.194.12
※無断転載禁止
※単位はすべて「秒」

表示速度に関しては、heteml もそこそこの結果が出ていますが、やはりロリポップ!がすべての月で heteml の結果を超えています。
名前の通り速度重視のプランであることがわかります。

実際に他社サーバーと比較しても 2位の結果になっていますので、速度に関してはかなり期待できますね。

まとめ

以上、heteml とロリポップ!の仕様・サービスから、実際のパフォーマンスまでを比較してみました。同じ会社のサーバーということもあり、以前は仕様上は似ている点が非常に多く、決定的な違いも多くはありませんでした。

しかし、2020年8月のロリポップ!全プランリニューアルに伴い、ロリポップ!のハイスピードプランが初期費用無料+月額料金 500円~という価格設定に加え、heteml の上位プラン(プラス)と同等以上のハイスペックになったため、ハイスピードの独走状態になりました。

実際のパフォーマンスもハイスピードが高いため、現在選ぶのであれば ロリポップ!ハイスピードプラン 一択と言えるでしょう。

おすすめのロリポップ!ハイスピードプラン

  • 初期費用タダ!+月額 550円~ の超高コスパ!
  • オールSSD・高速な LiteSpeed サーバー 採用
  • バックアップも無料
初心者にも評判!大人気サーバー「ロリポップ!」

ロリポップ!の評判・検証評価レビューを見る

ロリポップ!レンタルサーバーの公式サイトへ

タイトルとURLをコピーしました