本当に初心者に向いているレンタルサーバーとは?その選び方とおすすめサーバー



レンタルサーバーを提供している会社やプランは沢山あるため、レンタルサーバーを借りたことがない初心者の場合、一体どれを選べばいいのかわからず、迷ってしまう人も多いでしょう。データベースやマルチドメインなど、専門用語も多いですし、数ある機能も実際にはどこまで必要なのか、ある程度の知識がないとわかりにくいところもあります。

もちろん、こういった機能をチェックすることも重要ですが、初心者の場合は、それ以前にまず「本当に初心者に向いているレンタルサーバーか?」をチェックしておく必要があります。これをしっかりチェックしておかないと、Webサイトを公開するどころか、その前に挫折してしまうといったことにもなりかねません。

ここでは、そんなレンタルサーバーを使用したことがない、もしくは使用したことはあるけれどあまり知識がないといったレベルの人でも安心して使用できるレンタルサーバーを選ぶ方法とオススメのレンタルサーバーを紹介します。


キーワードは「わかりやすい」「簡単」「長く使える」

初心者がレンタルサーバーを選ぶ上で、機能よりも重視すべきなのは、「わかりやすさ」「簡単に使える」「長く使える」の3点です。

その理由とそれぞれの詳細を見ていきましょう。

初心者にとって最も大事なのは「わかりやすさ」

レンタルサーバーは「マルチドメイン」「FTP」「独自SSL」など専門用語が多かったり、各種の設定項目など、実際に Webサイトの運営を始めるまでに越えなければならないハードルがいくつもあります。

しかし、レンタルサーバーを一度も使用したことがない初心者や知識がそれほどない人の場合、用語の意味も分からなければ、どこを操作していいかもわからないものです。

そのため、レンタルサーバーを選ぶ際には、まず「わかりやすさ」を重視すべきです。レンタルサーバーの「わかりやすさ」を具体的に図るには、以下の 5点でチェックするのがいいです。


  • サーバーの管理画面やツールが見やすく、使いやすい
  • 電話サポートがある
  • メールサポートのレスポンスが速く、質が高い
  • 公式サイト上のヘルプが見やすくわかりやすい
  • ンターネット上に情報が豊富



一つずつ、その詳細と理由を説明していきます。

サーバーの管理画面やツールが見やすく、使いやすい

共用サーバーの管理画面のデザインや構成、設定項目の内容というのは、レンタルサーバーの会社によって全く異なります。そのため、1画面で見やすく、直感的に使えるサーバー会社もあれば、複数の画面に設定項目が分散されていたり、ヘルプなどを見ないと何を操作すればいいのかわかりにくい会社もあります。

そのため、できるだけデザインがシンプルで見やすく、操作性もいいレンタルサーバーを選ぶことが大切です。

電話サポートがある

初心者の場合、サーバーを使う上でわからないことがとても多く出てきますし、間違った設定をして動作しなくなるといったトラブルもいろいろ発生してきます。また、サーバー関連の専門用語も多数ありますので、最初は手とり足とり教えてもらわないと、Webサイトを公開する前に挫折してしまう、といったこともあり得ます。

そんな時に、電話サポートが利用できれば、一つ一つ状況を確認しながら画面上を誘導してくれますので、スムーズに問題を解決できます。はじめは右も左もわからない初心者にとっては、電話サポートは非常に力強い味方になってくれます。

メールサポートのレスポンスが速く、質が高い

電話サポートは非常に頼りになるものですが、土日祝日には対応していないことも多いため、そのような場合にはメールで問い合わせることになります。

しかし、メールサポートだといつ返事が来るかわかないため、イライラすることも多いですし、会社によって回答が来るまで何日もかかることがあります。そのため、メールで問い合わせてもレスポンスが速いことは重要です。

また、質問する側が初心者の場合、知識に乏しいこともあり、自分が意図した内容をうまく文章にすることができないため、上手に質問することができないことも多いです。

その場合、サポートをする側が、どれだけ相手の意図を汲んで回答できるかが非常に重要なカギになってきます。

しかし、実際これはなかなか難易度が高い仕事のため、的外れな回答が返ってくることが往々にしてあり、結局再度質問しなおすことになったりして、解決するまでに時間がかかってしまうのが難点です。

しかし、サポートの質が高ければ、一度でしっかり答えを返してもらうことができますし、さらに優秀な会社であれば、こちらの質問したことだけに答えるのではなく、こういう方法もありますよ、といったプラスアルファの情報や提案などもきっちり行ってくれますので、ストレスなく利用するためにはそういった会社を選ぶことも、実はとても重要です。

公式サイト上のマニュアル・ヘルプやFAQが見やすくわかりやすい

サーバーを使い始める時には、初心者でもいきなりサポートに問い合わせるのではなく、まずはサイト上のマニュアル・ヘルプやFAQ(よくある質問)を参照することが多いでしょう。

しかし、そのヘルプの見やすさや量などによって、自分で作業をどれだけスムーズに進められるかは異なってきます。ヘルプにない情報で止まってしまうと、サポートに問い合わせるか自分で試行錯誤することになり、非効率的と言えます。

そのため、以下の 2点の条件が満たされているかをチェックしておきたいです。

  • ヘルプや FAQ の項目数など、情報量が多いか
  • ヘルプに操作画面のスクリーンショットがふんだんに取り入れられているか

インターネット上に情報が豊富

いくら公式サイト上のヘルプが充実していたとしても、サーバーを使う上でヘルプやFAQにない疑問やトラブルが発生することは、必ずと言っていいほどあります。

その場合は、もちろんサポートに問い合わせて解決することもできますが、自分でネットで検索して調べるほうが速いことも多いです。

この時に、運営期間が長いほど、また人気があってユーザー数が多いほど、そのレンタルサーバーに関する情報がネットでヒットしやすくなります。逆に知名度が低ければ、その分トラブルの対処方法を調べるのも大変で、検索自体に時間がかかるうえ、解決もしにくくなります。


「簡単に使える」ことも重要

次に重視したいのは、「簡単に使える」かどうかです。

レンタルサーバーを使えるようにするためには、いろいろと前準備が必要ですが、中でも「WordPress などの CMS(コンテンツマネジメントシステム)のインストール」「DNS(ドメインネームサーバー)の設定」は、初心者が躓きやすいトップ2 とも言えるので、これらを簡単にできることが非常に重要になってきます。

  • WordPress簡単インストールの有無
  • 独自ドメインとの連携のしやすさ

WordPress簡単インストールの有無

レンタルサーバーを借りようと考える人の中には、世界中でトップシェアを誇る CMS(コンテンツマネジメントシステム)である、WordPress(ワードプレス)を使いたいという人が多いでしょう。

今や国内のレンタルサーバーにおいて、「WordPressの簡単インストール機能」が使えないところは皆無と言っていいですが、実際のインストール完了までの流れは各社異なります。

特に、WordPress にはその情報を格納するための「データベース」が必要になりますが、このデータベースの設定を行う部分の設定が初心者には大きなハードルになっており、ここが簡単か複雑化によって、使い勝手が変わりますので、できるだけ手間をかけずに利用できる形になっているものを選んだほうがいいです。

独自ドメインとの連携のしやすさ

もう一つ Webサイトを作るうえで大きなハードルになりがちなのが、「DNS(ドメインネームサーバー)」の設定です。

これは、「独自ドメインとレンタルサーバーを紐づけるための設定」のことで、独自ドメインをブラウザに入力すると Webサイトのデータを入れたレンタルサーバーへ、自動的に情報を取りに行くようにするためのものです。

独自ドメインのとレンタルサーバーを別々のサービスで契約した場合、この DNS の設定を行わない限り、独自ドメインで Webサイトを表示することができません。慣れれば簡単な作業なのですが、初心者にはその仕組みがよくわからず、何をどうしたらいいのかわからなくなってしまうことも多いです。

しかし、独自ドメインサービスとレンタルサーバーを同じ会社で契約すれば、この DNS の設定を行わなくても、自動的に Webサイトを表示できるようにしてくれるため、非常に安心です。


長く使えること

レンタルサーバーは、初心者は激安サーバーから初めて、よりよいサーバーに乗り換える、というケースが多いですが、それはあまりオススメできません。

というのも、「サーバーの乗り換え、引っ越し」には、ある程度の高いスキルと多大な労力が必要になるからです。

そのため、できるだけ引っ越しせずに済むように、安いプランから上位プランへ「プラン変更」が可能なサーバーを選び、利用するほうがいいです。

また、今や個人サイトであっても Webサイトを「独自SSL」(http:// → https://)でセキュリティを高めること(常時SSL化)は常識になっています。

この常時SSL化には、「SSL証明書」が必要になりますが、本来 SSL証明書は有料です。そのため、Webサイトの数ごとに SSL証明書を購入する必要があります。

しかし、近年増えつつある、「無料の独自SSL」を利用できるレンタルサーバーであれば、Webサイトをいくつ作っても、また何年使用しつづけても、ずっと無料で常時SSL化をすることができますので、コストパフォーマンスは非常に高いです。


ディスク容量やドメイン数など機能選択

その他、ディスク容量やマルチドメイン数などの概要などを選ぶことになりますが、その際に主にチェックすべき内容や目安などを挙げておきます。


  • 料金:安いものは安定性が低く、電話サポートもないことがあるため、最低500円程度~がオススメ
  • ディスク容量:サーバーで利用できる領域の大きさ/100GBあれば通常は余裕
  • マルチドメイン数:設定できる独自ドメインの数/作成するサイトの数だけ必要
  • データベース数:利用可能なデータベースの数/WordPressを利用するならサイトの数だけ必要
  • 自動バックアップ機能:ユーザーが間違ってデータを消してしまった時も復活してもらえるため重要



サイトへのアクセス数に関する「転送量」もある程度チェックしておきたいですが、最低月額500円程度のサーバーを選んでおけば、一般的なサイトであれば当面転送量制限で困ることはありません。また、アクセスが増えてきた後は、プラン変更をすれば引っ越しをしなくてもそのまま利用できますので、心配はいりません。


初心者に本当におすすめできるレンタルサーバー

以上に挙げた様々な条件をもとに、初心者にオススメのレンタルサーバー 3つを紹介します。いずれのサーバーも、性能と価格のバランスが一番いいプランを挙げています。


ロリポップ!
「スタンダード」
エックスサーバー
「スタンダード」
さくらのレンタルサーバ
「スタンダード」
基本情報
月額料金(税抜) 500円 900円 500円
ディスク容量 120GB 200GB 100GB
マルチドメイン 100個 無制限 20個
データベース数 30個 50個 20個
無料独自SSL
無料バックアップ ×(有料) ×
わかりやすさ
電話サポート
メールサポートの速さと質
マニュアルヘルプ・FAQ
ネットの情報量
簡単に使える
WordPress簡単インストール
独自ドメインとの連携
長く使える
プラン変更 ×

ロリポップ!

初心者向けレンタルサーバー「ロリポップ!」

最初に紹介するのは、200万サイト以上の利用実績がある「ロリポップ!」。

創業期から、女性をメインユーザーとして考えていたこともあり、デザインが明るくて見やすい上に、とても使いやすいです。2017年に全面的にデザインを改変しましたが、創業時からの見やすさ、使いやすさはそのまま継承されています。

ロリポップ!のサーバー管理画面

マニュアル・ヘルプや FAQ にも画面ショットがふんだんに使われていて、非常にわかりやすいのも特徴で、サポートの質やレスポンスも共用サーバーの中では上位クラスです。

また、知識があまりない人でも、見栄えのいい Webサイトをカンタンに作ることができる、「ロリポップ!スタジオ」というサービスも用意されているため、初心者が使うのにオススメのレンタルサーバーです。

「ロリポップ!」の詳細を見てみる

エックスサーバー

初心者向けレンタルサーバー「エックスサーバー」

シンプルで使いやすく、最もサポートの質が高いレンタルサーバーが、この「エックスサーバー」。当サイトによる独自調査でもサーバーの安定性や速度が常にトップの成績を出しており、他のネットビジネスオーナーからの支持も圧倒的に高いです。

エックスサーバーのコントロールパネル

当サイトもエックスサーバーで運営していますが、サーバーの管理画面はシンプルで使い勝手がいいです。また、サポートのレスポンスが非常によく、最速12分で回答を受け取ったことがありますし、休日でも必ず当日に回答が来ます。また、質に関しても、いつも丁寧、かつカユイところにしっかり手が届く回答をしてくれますの、非常に信頼できます。

ロリポップ!と比べると料金はやや高めですが、実はロリポップ!からエックスサーバーへ移行する人が後を絶ちません。管理人もロリポップ!からエックスサーバーへ引っ越した一人ですが、引っ越しの手間を考えると、最初からエックスサーバーを選んだほうが賢明だったと感じています。

「エックスサーバー」の詳細を見てみる

さくらのレンタルサーバ

初心者向けレンタルサーバー「さくらのレンタルサーバ」

自動バックアップ機能がないことや、プラン変更ができないといったデメリットはありますが、「さくらのレンタルサーバ」は運営期間が長いことと人気が高いこともあり、ネット上に情報が沢山あります。また、ヘルプマニュアルも丁寧に作られているほか、電話サポートもあります。

さくらのレンタルサーバの管理画面

管理画面は昔から変わっていないので、使い勝手は悪くないものの、すごく使いやすいというほどでもないため、ロリポップ!やエックスサーバーと比べるとオススメ度は低めですが、現在も人気が高いレンタルサーバーの一つです。

「さくらのレンタルサーバ」の詳細を見てみる