メール運用向けレンタルサーバー比較



一般的なレンタルサーバーを借りた場合、Webサイトメールの両方の運用を行えます。しかし、ユーザーの中には、Webサイトは不要なので、「独自ドメインのメールアドレスのみ利用できればいい」という人が多くいます。

もちろん、Webサイトも作れるレンタルサーバーでメールの運用だけをすることも可能ですが、「メールのみでいいから、もっと安い値段で運用したい」と考える人もいます。

また、多くの共用サーバーでは、Webサイトとメールを物理的に同じサーバー上で運用する形になっていますが、Webサイトと同じサーバーだと、サイトへのアクセスの影響を受けてしまい、サーバーが安定しないことがあります。ビジネスや法人の場合、万が一、顧客や得意先からのメールが受け取れなくなってしまうと、非常に致命的な問題に発展してしまいますので、より安定したメールサーバーを利用したいと考える人も多いでしょう。



こういったユーザーの要望に応えるために、「メール専用のサーバーサービス」を提供している会社がありますので、ここではメールの運用のみに特化したレンタルサーバーのサービスを紹介していきたいと思います。

なお、将来的に Webサイトも運用したい、Webサイトと同じサーバーでも問題ない、と考えている場合は、以下の記事を参照してください。



5.独自ドメインでメールのみ運用するには?(メリット・デメリット、サーバーの選び方)


メール運用向けレンタルサーバー一覧

まず、当サイトで紹介しているレンタルサーバー関連のサービスを中心に、メールの運用を主目的にしたレンタルサーバーを一覧にしてみました。


初期費用 月額料金 容量 メールアドレス数 マルチドメイン
お名前メール(お名前.com) 無料 42円(500円/年)
920円(77円/月)
1GB/10GB 無制限 1個/20個
ムームーメール(GMOペパボ) 無料 50円 30GB 無制限 最大20個
メールボックス(さくらインターネット) 無料 86円
(1,029円/年)
10GB 無制限 最大20個
メールプラン 共用タイプR2(カゴヤ) 無料 400円~ 20GB~ 無制限 1個~
ビジネスメール スタンダードプラン(お名前.com) 無料 440円~ 50GB/人 1つ無料(オプションで追加) 1つ無料(オプションで追加)
メールホスティング(WebARENA) 5,000円 18,000円 30GB~ 300ID 最大20個



上から順に月額料金が高くなっていきますが、それに伴い機能もアップしていくイメージです。

「お名前メール」は2プランで、「ムームーメール」・「さくらインターネット」は 1プランのみ、「カゴヤ」・「ビジネスメールスタンダードプラン(お名前.com)」・「WebARENA」は一番リーズナブルなプランで、他に上位プランもあります。

料金やプラン内容から、主に以下の 3つに分類できます。


  • 個人向け格安プラン:お名前メール・ムームーメール・さくらのメールボックス
  • ビジネスOKのリーズナブルプラン:カゴヤ・ビジネスメールスタンダードプラン(お名前.com)
  • 中規模以上の法人向けプラン:WebARENA



ビジネスメールスタンダードプラン(お名前.com)を除くと、基本的にはいずれのサービスもメールサーバーのみレンタルする形です。もちろん、価格と比例して、より多機能になっていきます。

一方、「ビジネスメールスタンダードプラン(お名前.com)」のサービスは、単なる「レンタルサーバーにメールを設定する」という形のサービスではありません。こちらは、Microsoft の 「Office365」というクラウドサービスのメール機能である「Exchange Online」を利用したもので、メールの送受信だけではなく、スケジュール管理なども行えるようになっており、PC・モバイルなどとも連携がしやすいシステムになっています。

例えば、他のサービスでも Webメールの一機能としてスケジュールを利用できたりしますが、あくまでどの端末でも Webメールにアクセスしないと利用できません。一方、「Exchange Online」の場合、PC では Microsoft Outlook で同期できたり、Windows 8 以上の OS であれば OS 自体の メール機能やアドレス帳などと直接同期をとることができるなど、各端末自身の機能をそのまま利用できたりします。

なお、ビジネスメールスタンダードプラン(お名前.com)は、月額料金が安めに見えますが、これはサービスの性質上、あくまで 1ユーザーごとの料金になっているからです。ユーザーが増えるとその分だけ基本料金が加算されていくため、トータルでは月額料金は高めになる可能性もあります。


メール運用向けレンタルサーバーの基本的な機能

次に、各サービスの基本的な機能を比較してみましょう。

Webメール メーリングリスト メール転送 自動返信 スパムフィルタ ウィルスチェック コントロールパネル
お名前メール ×/最大10個 × ×/月額85円
ムームーメール(GMOペパボ) × ×
メールボックス(さくらインターネット) 最大10個 ×
メールプラン 共用タイプR2(カゴヤ) ○(50アカウントまで無料) オプション
ビジネスメール スタンダードプラン(お名前.com)
メールホスティング(WebARENA)

※いずれのサービスも、PC のメールソフトやモバイル端末にメールを設定して送受信するための、POP・IMAP・SMTP は利用可能



機能面から分類してみた場合も、上と同様に 3つに分けられます。


  • 1.メールを利用する上でほぼ最低限の機能:お名前メール・ムームー・さくら
  • 2.より高度なメール向けの機能が利用可能:カゴヤ・お名前.com(ビジネス)
  • 3.中規模以上の組織で安定性やセキュリティを重視したプラン:WebARENA



1. は、とりあえずメールを運用できれば OK というユーザー向けのサービスです。複数人で利用することもできますが、どちらかというと 1ユーザーが複数のメールアドレスを利用する場合に向いています。

2. は、よりビジネス向けで、複数のユーザーでも利用しやすいサービスです。カゴヤでは、「Active!mail」という非常に使い勝手のいい Webメーラーを利用できます。前述のように、お名前.com(ビジネス) の「Office365」も PC やモバイルなどでより使いやすい機能が多数あります。

3. の WebARENA は、仮想専用サーバーでの運用、かつ冗長化が行われていること、稼働率 99.99% 以上を実現していることやIPS(不正侵入防御システム)などの高いセキュリティ対策が施されているなど、安定性を重視したビジネス向けのメールサーバーサービスです。



以上のように、ここでは基本的な機能のみをピックアップしていますが、より高度なサービスでは上の表に含まれない機能も沢山あります。

WebARENA の例を挙げると、「添付ファイル自動暗号化」、「マイナンバー自動検出フィルタ(送信メールにマイナンバー情報が含まれていないか確認)」、「パスワード有効期限設定」など、ビジネス上で非常に重宝しそうな機能が多数用意されています。


メール運用向けレンタルサーバー比較まとめ

以上、メール専用のサーバーサービスの価格や機能を比較チェックしてみました。

上で分類したように、各サービスでおおむねターゲットのユーザー層がハッキリ分かれていますので、それほど選択に迷うことはないでしょう。



趣味レベルで、気軽に独自ドメインのメールを運用したいのであれば、「ムームードメイン」で格安に独自ドメインを取得し、「ムームーメール」を利用するパターンが一番オススメです。同じ価格帯の中では安定性も高いですし、ロリポップ!をはじめとして、GMOペパボのサーバーはどれも見やすくて使いやすいです。

ただ、ビジネスで利用するのであれば、やはり最低限「カゴヤのメールプラン」以上のサービスは利用したいところです。カゴヤのメールプランであれば、Webメールが非常に使いやすいですし、365日電話とメールでのサポートが受けられます。

柔軟性や使い勝手の面から行くと、「Exchange Online」が利用できる「お名前.com レンタルサーバーのビジネスメール」は、ダントツに使えるサービスです。ただ、使用する人数分、料金が加算されますので、多人数で運用する場合は、それなりの費用を見込んだほうがいいでしょう。

最後の「WebARENA メールホスティング」は、料金的に高価ですが、ビジネス上のメールは絶対にミスすることはできませんので、この程度の安定性は当然必要です。人件費や設備費用などを考えると、自社でサーバーを立てて運用するよりは、トータルではかなり安く済みますので、十分検討に値します。


結論




5.独自ドメインでメールのみ運用するには?(メリット・デメリット、サーバーの選び方)

7.レンタルサーバーとメールの基礎知識