WordPressに最適なレンタルサーバーを独自視点で比較



今は WordPress 全盛期で、ネットビジネスを始めようとしている人のほとんどが WordPress を使うためにレンタルサーバーを探しています。

WordPress は非常に優れたブログ型CMS(コンテンツマネジメントシステム)で、使い勝手も良く、様々なテーマが提供されているためデザインも非常にきれいです。また、構造もしっかりしているので、検索エンジン対策でも有利になります。

多くのサイトでも、「WordPress 最適なレンタルサーバー」と言った形で、サーバーが紹介されていますが、本当に WordPress に最適なレンタルサーバーというものがあるのでしょうか?


WordPressに最適なレンタルサーバーはない

結論から先に言うと、(現時点では)WordPress に最適なレンタルサーバーというものは特にありません

今や Webサイトの半分近くが WordPress で作られていることもあり、昔のように WordPress が使えないサーバーというものはありません。また、初心者には面倒な WordPress のインストール作業を簡単に行える、「簡単インストール」機能が用意されていないサーバーもありません。

ですから、他のサイトで「WordPress 向けのレンタルサーバー」として紹介されているサーバーも、結局は「WordPress が使える」「サーバーの性能がいい」という理由で紹介されているだけで、特に「WordPress に最適」というわけではないです。



そもそも、WordPress は「サーバーインストール型のプログラム」であって、一旦サーバーにインストールしてしまえば、どこのサーバーであっても、使い勝手はまったく同じです。

これは、パソコンと Excel や Word などのソフトの関係と同じです。パソコンソフトは、一旦パソコンにインストールしてしまえば、それがどんなパソコンであれ、使い勝手はまったく変わりませんね。同じように、WordPress もサーバーにインストールしてしまえば、どのレンタルサーバーでも違いはありません。

ですから、「Excel に最適なパソコン」ないのと同じ意味で、「WordPress に最適なレンタルサーバー」はない、ということが言えるわけです。

では、レンタルサーバーの中には、「WordPress 専用」として提供されているサーバーがありますが、これは「WordPress に最適」ではないのでしょうか?


WordPress専用サーバーには優位性はないのか?

「WordPress に最適化された高速環境」といったキャッチフレーズが掲げられているので、WordPress を使うならやはり WordPress 専用サーバーがいいのでは?と考える人も多いでしょう。また、そういう理由から、WordPress 向けとして取り上げいる比較サイトも多いです。

確かに、WordPress 専用サーバーは、高速化するための機能などは充実していますが、現在は共用サーバーのスペックがぐんぐん上がってきているため、相対的にはそれほど処理速度は変わりません。むしろ、人気のある共用サーバーのほうが WordPress の表示速度は速いくらいです。

以下は、共用サーバーで表示速度が速いサーバーと WordPress 専用サーバーで、まったく同じ WordPress サイトの表示速度を比較したものです。ここでは、WordPress 専用サーバーの中でも、特に性能がよく、信頼性の高い、エックスサーバー株式会社の「wpXレンタルサーバー(wpX / wpXクラウド)」を比較しています。


平均表示速度(秒)
エックスサーバー 1.24
wpXクラウド 1.44
スターサーバー 1.50
wpX 1.51
mixhost 1.66



確かに、WordPress 専用と銘打っているだけあり、共用サーバーと比較しても上位に食い込んでいますが、共用サーバーであるエックスサーバーや同じエックスサーバー系列のスターサーバーと比べると、それほど大きな違いはありません。むしろ、エックスサーバーは wpX より速いです。

エックスサーバーは、常に最新、かつ最高の CPU やメモリになるようにアップデートされていますし、スターサーバーもリリースされたばかりのサーバーで、CPU やメモリが仮想化されていることもあり、かなり性能は高いです。mixhost もそれらと比較すると遅いですが、これくらいの差であれば、今のところ特に WordPress専用にこだわる必要性もあまりない、というのが個人的な感想です。

一方、WordPress 専用サーバーの場合、WordPress しか使用できなかったり(一般的な HTMLサイトは利用不可)、設置可能なサイト数が限定されている、メールが使えないといった面がありますので、初心者やより柔軟な利用をしたい人には、性能のいい共用サーバーのほうがオススメなわけです。


WordPressを使いたいなら何を基準にサーバーを選べばいいか?

「WordPress 専用サーバー」に優位性がないのであれば、一体何を基準にレンタルサーバーを選べばいいのでしょうか。

WordPress で何をしたいのか、目的や方向性がある程度決まっているのなら、その使い方に合ったサーバーを選ぶのがよいです。というのも、WordPress はブログ型のシステムですが、柔軟な使い方ができるため、実際にどのように使うかによって何を優先すべきか大きく変わってくるからです。

ですから、ブログを運営したいのであれば「ブログ向けのサーバー」を、アフィリエイトをするのであれば「アフィリエイト向け」のサーバーを選択するのがベストです。



ブログ(ブロガー)におすすめのレンタルサーバー比較と選び方
アフィリエイト向けのレンタルサーバー



もし、まだどう使うかはっきり決まっていないというのであれば、できるだけ性能がよく、使い勝手がいいレンタルサーバーを選ぶのがいいです。

ここまで、WordPress を使う上で、特にサーバーによる違いはない、という話をしてきましたが、実際にはサーバーによって、WordPress の使い勝手の良さや、より WordPress の性能を生かしやすいサーバーというのは、確かにあります。

たとえば、「本当に簡単?WordPressの簡単インストール徹底比較」で紹介しているように、WordPress の簡単インストール機能は、レンタルサーバーによって結構な違いがあります。もし、初心者や WordPressサイトを大量に作りたい場合には、できるだけインストールの手間が少ないものを選ぶべきです。

また、WordPress は、サイトへのアクセスがあるごとにプログラムがデータをかき集めてサイトを構築し、表示するデータを送り返すという特徴があります(動的サイト)。そのため、あらかじめ表示するデータが完全に作成されている、いわゆる HTMLサイト(静的サイト)と比べると、表示が遅くなります。

上の表を見てもわかる通り、実際には WordPress の表示速度もサーバーによって異なりますので、できるだけ WordPress を高速表示ができるサーバーを選んでおきたいです

以下に、WordPress が使いやすく、高速表示が可能なサーバーを紹介します。


WordPressにオススメのレンタルサーバー

上にあげたように、WordPress が簡単にインストールでき、かつ高速に表示できるサーバーを上げると、以下の 3つがオススメです。


  • エックスサーバー
  • スターサーバー
  • mixhost(ミックスホスト)



いずれのサーバーも上で取り上げたように、WordPress 専用サーバーと同等の表示速度がでる、性能の高いレンタルサーバーです。また、WordPress のインストールも非常に簡単で、データベースの作成を自動で行ってくれますので、マニュアルを見れば初心者でも迷わずに設定が可能です。

また、3つともプランの変更が可能なため、いざサイトへのアクセスが増えてきたときにも、簡単に転送量の上限(データを送り出す容量の上限)を増やせますので、アクセス増対策もバッチリです。

安定性の面では、10年以上の運営実績のあるエックスサーバーがより一番オススメです(表示速度も一番です)。管理人もエックスサーバーをメインで使用しており、当サイトもエックスサーバーで運用しています。

より価格が安いプランから始めたいのであれば、スターサーバーmixhost がいいです。特に mixhost(ミックスホスト) は最安のプランでもサイトを無制限に作成することができるので、サイトを量産したい人にはベストのサーバーです。

いずれのサーバーにもお試し期間がありますので、実際に触ってみて、自分が使いやすいと感じるサーバーを選ぶようにしましょう。



エックスサーバーの検証・比較レビュー

スターサーバーの検証・比較レビュー

mixhost(ミックスホスト)の検証・比較レビュー