無料サーバー・有料サーバーのメリット・デメリット

いざレンタルサーバーを借りようとしたときに、月額費用を払うのに躊躇して、無料のレンタルサーバーを借りることを検討するかもしれません。

ビジネスでサイト運営をするのであれば、限らず無料のサービスを利用することはもちろんおすすめできません。

ここでは、実際に無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーの違いを比較し、各メリット・デメリットを見てみたいと思います。

もちろん実際には各レンタルサーバーによって詳細は異なりますが、おおむね以下のような共通点があると言えます。



無料のレンタルサーバー

メリット

・料金が一切かからない

デメリット

・ディスク容量が少ない
・表示速度が遅め(収容人数が多い)
・安定していない
・独自ドメインが利用できない
・商用利用がNG、または限定されているところがある
・WordPressなどのCMSが利用できない、または簡単インストールなどが利用できない
・多くは広告の表示が義務付けられている
・メールの運用ができない
・バックアップサービスがない
・更新しないと削除されることがある
・障害以外のサポートがない
・サービス終了のリスクが高い

有料のレンタルサーバー

メリット

・ディスク容量が多い
・表示速度が速い
・安定している
・独自ドメインが利用可能で、マルチドメインなどにも対応
・商用利用が可能
・多くのCMSが利用でき、簡単インストールも利用可能
・広告が入らない
・メールの運用が可能
・サポートが充実している

デメリット

・利用にあたり料金がかかる

まず、前提として無料のレンタルサーバーは、ユーザーのサイトに表示する広告で収入を得ていることが多いです。そのため、広告表示は必須です。

広告を非表示にできるプランでも、数か月更新がないと表示されるというところがほとんどです。

ビジネスでWebサイトを運用する場合、意図しない広告が表示されることは、収益を上げるうえでも、デザイン的にも大きな障害になります。

無料レンタルサーバーの中には、オプション料金を払うことで、広告を非表示にしたりすることができるものもありますが、無料レンタルサーバーでオプション料金を払うくらいであれば、FC2くらいの大手でない限りは、激安であったとしても最初から有料のサーバーをレンタルしたほうがいいと思います。

また、重点的にチェックしたいのは、やはり「安定性」「表示速度」「バックアップ」です。

無料のレンタルサーバーの場合は、有料のレンタルサーバーほどサーバーの維持・管理にコストをかけられないため、どうしても安定性に欠けます。

また、無料で貸し出しており、ディスク容量も小さいので、サーバー内の沢山のユーザーを詰め込んでいるはずです。そのため表示速度も遅めで、特にCMSを利用した際は顕著に出ます。

ビジネスとしてサイトの運営をするうえでは、安定性が低いこと、表示速度が遅いことは大きな機会損失につながります。

また、バックアップは基本的に自己管理すべきものではありますが、無料のサーバーの場合はユーザー用のバックアップをしてくれないどころか、万一サーバー側でトラブルが発生してデータが消えたとしても、データの保証をしてくれる可能性は限りなく低いです。

サイトのデータは貴重な資産ですから、問題発生時に一切リカバリできない体制しかないのは、非常に致命的です。

ビジネスとしてサイトの運営をするのであれば、無料のレンタルサーバーは選択肢に入れるべきではありません。



ネットビジネスに最もおすすめのレンタルサーバー

エックスサーバーの評判とレビュー 最高のスペックと安定性、そして高いコストパフォーマンスを持つエックスサーバー。当サイトが独自に行ったテストの結果でも、安定性・処理能力ともに 2年連続 1位を獲得した実力のあるサーバーです。
また、的確で手厚いサポートや真にユーザーのことを考えたプラン構成などで、多くのネットビジネスオーナーからも高い評価を得ています。

エックスサーバーの検証・評価レビュー