レンタルサーバーの管理画面・ツールの詳細と使いやすさ比較



レンタルサーバーによって、管理画面の構成や利用できるツール類は全く異なります。そして、レンタルサーバーが使いやすいかどうかは、主に管理画面の使い勝手によって決まると言っても過言ではありません。

今回は、各レンタルサーバーの管理画面や提供しているツールと、その使い勝手について比較してみたいと思います。


レンタルサーバーの管理画面と各種ツールの違い

レンタルサーバーでは、契約の変更やサーバーに関する設定の変更などをブラウザから行うことができます。そのために利用できる管理画面がそれぞれ用意されています。

また、ファイルを転送するための FTPソフトや メールソフトの代わりに利用できる各種ツールも提供しているところがあります。

一般的に操作が必要な内容としては、以下のようなものが挙げられます。

    ・契約関係(契約更新・オプション追加など)
    ・サーバー設定変更(ドメイン追加・WordPressインストールなど)

また、よく用意されているツールに関しては、以下のようなものがあります。(ツールの名称は各社さまざま)

    ・ファイルマネージャー(サーバー内にファイルをアップロードしたり、削除したりできるツール)
    ・Webメール(ブラウザでメールの閲覧・送受信ができるツール)
    ・データベース管理(ブラウザからデータベースを直接編集したり、バックアップできるツール)

ただ、レンタルサーバーにより、管理画面の構成や各種ツールがそれぞれ異なります。例えば、契約関連の操作とサーバーの設定変更を同じ画面上で行えたり、どちらで何を設定するかなども全く異なります。

そういった、各レンタルサーバーで異なる管理画面やツールの違いを一覧にしてみました。(データベースについては、MySQL を前提としています)

なお、各項目の名称は、各社での呼び方をそのまま記載していますので、「ファイルマネージャー」と「ファイルマネージャ」などの表記の揺れがあります。


管理画面と各種ツールの一覧


契約関連 コントロールパネル ファイルマネージャー Webメール データベース管理
エックスサーバー インフォパネル サーバーパネル ファイルマネージャ Webメール phpMyadmin
カゴヤ コントロールパネル なし Active!mail phpMyadmin
WebARENA 契約内容変更サービス サイトマネージャー/バックアップマネージャー(権限毎:Webマネージャー/メールマネージャー) なし Webメール v3 phpMyadmin
さくらインターネット 会員メニュー コントロールパネル ファイルマネージャー Webメール phpMyadmin
WADAX カスタマーポータル コントロールパネル(ドメイン毎に画面切り替え) なし Active!mail/シンプルメール phpMyadmin
heteml コントロールパネル hetemlFTP hetemail phpMyadmin
ABLENET コントロールパネル コントロールパネル/メール管理ツール なし SqWebMail phpMyadmin(要自動インストール)
お名前.com サーバーNavi コントロールパネル ファイルマネージャー Webメール phpMyadmin(要手動インストール)
ロリポップ コントロールパネル ロリポップ!FTP ロリポップ!webメーラー phpMyadmin
SpeeVer コントロールパネル(Plesk) ファイルマネージャ Horde phpMyadmin
iCLusta+ アカウントマネージャー PlanManager なし Roundcube DBManager
Bizメール&エコノミー 契約マイページ コントロールパネル なし Active!mail phpMyadmin
クローバー ネットオウルメンバー管理ツール(関連サービス共通) サーバー管理ツール ファイルマネージャー Webメール phpMyadmin



簡単にいくつか解説を加えたいと思います。

まず、契約関係とサーバーの設定の管理画面が一体化しているところと、別々に分かれているところがあります。ここで取り上げている中では、カゴヤ・heteml・ロリポップ・SpeeVer の 4つが一体化しています。

一体化しているほうが管理は楽ですが、一つの契約アカウントで複数のサーバーを借りられるところもありますので、実際にはどちらがいいか、というのはケースバイケースとも言えます。また、慣れの問題もあるかもしれませんが、契約関係や技術的なサーバーの設定ははっきり分かれているほうがいい、という人もいるでしょう。



次にファイルマネージャーですが、提供されている会社とされていない会社があります。通常は FTPソフトで行う作業を簡易的にブラウザから利用するツールなので、FTPソフトを使えれば特に必要のないツールです。そのため、FTPソフトの利用に抵抗がありそうな初心者をターゲットとしていると思われる会社で提供されているように思います。使い勝手は大きく変わりません。



Webメールについては、大きく分けて自社で構築した(または既存のプログラムを自社用にカスタマイズした)であろうシステムと、「Active!mail」などのサードパーティ製のプログラムを利用できるようにしているところがあります。

自社系の Webメールは比較的シンプルな画面構成で、機能も限定されているところが多いです。一方、「Active!mail」などは、通常のメールの機能に加えてスケジュール管理などの機能も有しているなど、高度な機能を利用できます。やはり使い勝手もいいですが、その分若干重たい印象を受けるところもあります。



最後にデータベース管理用ツールですが、iClusta を除き、いずれのサーバーでも phpMyAdmin が用意されています。ただ、あらかじめ用意されているところと、インストールが必要なところがあります。インストールも自動でインストールできるところと、手動でインストールが必要なところがあります。

MySQL のバックアップをする場合、phpMyAdmin を利用することになりますが、phpMyAdmin 自体を手動でインストールが必要であれば、若干敷居が高くなりますね。


管理画面とツールの使い勝手についての評価とコメント

次に、各社の管理画面やツールを実際に利用してみて感じた使い勝手などの印象などから、各レンタルサーバーの評価をしてみました。またあわせて評価コメントも付けてあります。


評価 コメント
エックスサーバー すっきりして見やすい マニュアルも分かりやすいので困ることはほとんどない どこの管理画面もログイン画面が一緒(一応クリックして切り替わりはするけれど)なのは非常に扱いやすい(他社は全部完全に別URLで画面が分かれている)
カゴヤ 細かい機能が多いため、最初は少し迷うことがあるかもしれないが、マニュアルがすごく詳しいのできちんと読めばすぐにわかるようになる 契約系と技術系が同一なのは便利
WebARENA 各ユーザー用にコントトールパネルがあるので、初心者にはややわかりづらいかもしれない コントロールパネル自体はそれほど複雑ではない 全体的には古いイメージ 機能は多いので調べないとわからないことはある マニュアルはちょっと不足気味で、特に新機能関連の情報はあまり補われていないので迷うことはあった
さくらインターネット 昔から変わらない画面構成 古いイメージ コントロールパネルに関しては必要な機能はそろっているので慣れればそれほど問題はないが、会員メニューは使いづらく感じることが多い 公式サイトのトップページからコントロールパネルにログインしずらい(会員ログインは上にあるが、コンパネは下にあるので探すのに手間取る)
WADAX 画面全体はすっきりしている ドメイン毎に画面を切り替えなければならないのは面倒 マニュアルは全体的に簡素なので、迷う時がある やや動作が重め
heteml 見やすい画面構成 契約とコントロールパネルが一括なのはいいが、サイドバーの項目は大項目が少ないので、どこに何があるかわからない時がある(ロリポップ程度に細かく分けてくれたほうがわかりやすい) マニュアルが分かりやすいので、調べれば操作に問題はない
ABLENET 基本的には見やすいほうだと思うが、アイコンがリッチデザインで古いイメージ 全体的に他社と項目のまとめ方が違うので、少し戸惑うところはあるかもしれない
お名前.com サーバーNavi(契約系)のトップが広告だらけなのは、いただけない コントロールパネルは全体的には見やすいとは思うが、管理画面に説明や注記がほとんどないので、設定変更するときに少し躊躇する アカウント関連情報のページでパスワードが丸見えになっているのも気になる
ロリポップ ポップなデザインで、一つの画面で管理できるので初心者でも分かりやすい 見やすさという意味ではデザインが一番いいと思う 同系列の heteml よりわかりやすい 使い勝手とは関係ないが、プランによって管理画面の色が変わるような遊び心も楽しい
SpeeVer 専用サーバーやVPS等でよくつかわれている Plesk 採用 慣れている人にはいいかもしれないが、共用サーバーしか使ったことがない人は少しとっつきづらいかもしれない 動作が重いのが気になる 戻るボタンでエラーが出ることも多い
iCLusta+ × 管理画面というより、設定変更などの管理自体が非常に複雑で手間がかかる 他社ではコントロールパネルだけでできる作業なのにアカウントマネージャーでも必要な作業があったり、ドメイン毎に管理者を設定してログインしなおさないと設定できない項目がいくつもある
Bizメール&エコノミー 見た目はすっきりしていて、カテゴライズも比較的わかりやすい 慣れれば使い勝手は悪くなさそうだが、マニュアルが PDF で、4つほどにわかれているので、その都度探し出して開くのが面倒
クローバー 簡素だが、わかりやすい コンパネからヘルプページへのリンクがないので困るときがある 契約画面が他のネットオウルサービスと共有なのは、メリットとデメリットが半々 また、ログインも毎回「ネットオウルメンバー管理ツール → サーバー管理ツール」と経由する必要があるので面倒

管理画面・ツールの詳細と使いやすさ比較まとめ

以上、当サイトで紹介しているレンタルサーバー各社の管理画面やツールの比較と評価をしてみました。

レンタルサーバーを利用する上で、管理画面やツールを使うことを避けることはできません。そして、管理画面の使い勝手によっては、仕事の効率がかなり違ってきます。



当サイトで取り上げているサーバーの中で、特に iClusta は初心者には全く向いていないと思います。操作性の問題以前に、1つのことをやるために必要な契約や設定が非常に多いです。どこの会社でも慣れるまでは時間が必要ではありますし、多機能だという部分もありますが、それにしてもあまりに労力がかかりすぎますので、全くの初心者であれば iClusta はおすすめしません。



また、一度どこかのレンタルサーバーを使用したことがある人であれば、それに近い構成になっているレンタルサーバーが圧倒的に使いやすいと思います。逆に違った構成になっているところは、慣れるまで時間がかかるでしょう。

エックスサーバーさくらインターネットhetemlロリポップクローバーなどは、初心者向けです。また、いずれかのサーバーを使ったことがあれば、他のサーバーに移っても直感的に使えると思います。

カゴヤは少し玄人向けのイメージなので、WebARENA などに近いと言えるかもしれませんが、とにかくマニュアルがとても詳しいので、それほど迷うことはないと思います。



いずれにしろ実際に使ってみないとわからない点も多いと思いますが、管理画面などの使い勝手は(特に使い始めは)想像以上にストレスにつながりますので、レンタルサーバー選びの際にはこのような情報も参考にしてみるといいと思います。