超高速&高安定!「heteml(ヘテムル)」の評判を独自に検証・評価レビュー



創業から17年以上のレンタルサーバー業界の老舗で、「ロリポップ!」や「ムームードメイン」でも有名な、GMO ペパボ株式会社の上位サービスである、「heteml(ヘテムル)」

従来は「クリエーター向けのサーバー」として、「Flash Media Server」「CloudFusion」などが提供されていましたが、現在は大幅にリニューアルして、一般ユーザー向けのレンタルサーバーとして提供されています。ただ、「ロリポップ!」はライトユーザー向けですが、「ヘテムル」はその性能の高さゆえに、よりネットビジネスユーザー向けのサーバーです。

実際に、当サイト独自に実施している、各種ツールによるパフォーマンステストでも、エックスサーバーと並ぶトップの成績を上げており、以下のような人にピッタリのサーバーと言えます。

  • 初心者でも使いやすいネットビジネス用サーバーを探している人
  • 高速で安定したサーバーを選びたい人

ここでは、この「heteml(ヘテムル)」のサービスについて、徹底的にレビューしていきます。

無料で15日間のお試しが可能!

ヘテムルの特徴とメリット

コストパフォーマンスが高く、初心者でも使いやすい

ヘテムルはコストパフォーマンスが高く、初心者でも使いやすい

ヘテムルは、1プランのみが提供されていました、2017年10月24日に「ベーシック」「プラス」の 2つのプランに分かれました。また、初期費用も 3,950円から 2,000円へとほぼ半額まで値下がりし、グンと利用しやすくなっています。

ネットビジネス向けのレンタルサーバーは、安定性の上からも、月額 1,000円台のプランが主流、かつおすすめなのですが、その中でもヘテムルは最安で 800円から利用できるため、コスパは非常に高いです。

また、ロリポップ!同様、ヘテムルもコントロールパネルなどのデザインがすっきりしていて見やすいため、操作に迷うことも少ないため、初心者でも安心して利用できます。

独自ドメインの設定も、同系列の格安独自ドメイン取得サービスである「ムームードメイン」で契約すれば、初心者にとってハードルの高い、ネームサーバーの設定(独自ドメインとレンタルサーバーを紐づける設定)の必要がないなど、利便性が非常に高いです。

最高スペックのサーバーで、WordPressも高速で表示される

ヘテムルは最高スペックのサーバーで、WordPressも高速で表示される

現在のヘテムルのサーバースペックは、CPU 20コア/メモリ192GBで、業界中でもほぼ最高のスペックです。

また、Webサーバーとデータベースサーバーの両方に、SSD が採用された、「オール SSD 環境」になっており、処理速度の向上に役立っています。

2017年からは、次世代の通信規格である HTTP/2 やサイト表示の高速化機能である OPcache も利用できるようになりました。

また、独自の技術により、従来の CGI版より高速なモジュール版PHP が利用可能で、PHP のバージョンも高速な PHP7.1 を利用できます。(CGI版に切り替えて利用することも可能)

また、転送量についても、一般的なサイトであれば、月間100万PVでも問題なく利用できる範囲ですので、よほどの人気サイトではない限り問題ありません。


  • SSD:パソコンにも使われている記憶媒体で、従来の HDD(ハードディスクドライブ)と比較して読み込み速度が36倍、書き込み速度が20倍と言われている
  • HTTP/2:データをより効率的に送受信するための次世代の通信プロトコル(決まり事)
  • モジュール版 PHP:WordPress などに用いられているプログラム言語である「PHP」の処理を高速に実行できるモード

高スペックに裏打ちされた非常に高い安定性

ヘテムルの高スペックに裏打ちされた非常に高い安定性

ヘテムルが公式に発表している、安定性を示す指標である稼働率は 99.99%以上。共用サーバーで望める、最高レベルの数値です。

また、Webサーバーのモニタリングの結果でも、2016年の調査の際は、13サーバー中 10位と振るわなかったのですが、2016年11月にサーバー環境を一新し、大幅な安定性の強化を図った後は、1位のエックスサーバーと熾烈なトップ争いを続けています

このヘテムルに比べると、姉妹?サービスである「ロリポップ!」は、稼働率や CPU やメモリなどのサーバースペックが非公開であり、実際に安定性もやや低めなので、ネットビジネスに使用するなら、ヘテムルのほうがおすすめです。

大容量ディスクがオンラインストレージとしての利用にも最適

大容量ディスクがオンラインストレージとしての利用にも最適

ヘテムルでは、WebDAV(ウェブダブ)機能が利用できるため、サーバーをオンラインストレージとして簡単に利用することができます。WebDAV 機能は、サーバーを PC 上のフォルダと同様に扱うことができるため、非常に便利です。

また、ヘテムルでは、非公開領域(外部からアクセスできないセキュリティの高いスペース)があるほか、複数のFTPユーザーを作成することができ、ユーザーごとにアクセスできるサーバー領域を限定することができます。他の人とファイルをやり取りする際にも、必要なファイル以外にはアクセスできないようにすることができるため、安心して使用できます。

さらに、ヘテムルのディスク領域は 200~300GBと、同価格帯のレンタルサーバーの中でも、トップクラスの大容量が用意されています。まさに、オンラインストレージとして利用するのに最適なサーバーと言えます。

WAFと無料の独自SSLで高いセキュリティを実現

WAFと無料の独自SSLで高いセキュリティを実現

近年、WordPress など CMS(コンテンツマネジメントシステム)の脆弱性を狙ったハッキングが非常に増えてきています。2017年2月にも、世界規模で WordPress の脆弱性を利用した大規模なハッキングが起きたことは記憶に新しいところです。

こういった脆弱性に対して大きな威力を発揮するのが、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)です。heteml では WAF「WAF SiteGuard Lite」を標準で装備しており、コントロールパネルから、簡単にオンオフを切り替えることができます。

また、2017年10月24日からは、無料のSSL証明書である「Let’s Encrypt」が簡単に利用できるようになりました。証明書の更新も自動で行われますので、楽に使えます。

もちろん、従来の独自SSL オプション(有料)も利用できるため、実在証明があり、高い信頼性を提供できる企業向けの「EV証明書」の利用も可能ですので、企業サイトを作る際にも安心です。(格安サーバーは「EV証明書」が使えないところが多い)

電話サポートも利用でき、マニュアルもわかりやすい

電話サポートも利用でき、マニュアルもわかりやすい

初心者にとってサポートは重要ですが、ヘテムルでは電話サポート(平日)を行っていますので、安心です。また、土日祝日もメールサポートは利用できます。

ペパボのメールサポートはレスポンスも非常に速く、返信内容も非常にわかりやすいです。

また、オンラインマニュアル、FAQ なども充実しており、画像が多用されているので、非常にわかりやすく、初心者にも非常に優しいです。

ヘテムルには、マニュアルの他に「ヘテムルブログ」というサポートブログも用意されていて、マニュアルや FAQ の内容を補足してくれています。最新情報などの解説も行ってくれていますので、とても重宝します。


ヘテムルの気になるポイントや注意点

バックアップが月額オプション

自動バックアップが無料に!バックアップオプションも利用可能

2017年10月24日から、自動バックアップ機能が無料になりました。この機能では、Webサーバー、メールサーバーは7日前、DBサーバーは14日前のデータまで保存可能です。

バックアップからの復元は有料ですが、バックアップ自体には料金は発生しません。また、以下の自由にバックアップが可能なバックアップオプションも継続して利用可能です。

~~~~~~~~~~~~~~~
ユーザーのためのバックアップには月額のオプション機能もあります。また、バックアップの対象となるデータは、Webサイトとデータベースのみで、メールは対象外です。 

バックアップオプションの画面は非常に使いやすく、かなり細かい設定なども行えますし、容量無制限で7世代まで保存可能です。データの復元が必要な場合にも無料で行えますので、オプション料金を払うだけの価値はあります。

その他の注意点

・PostgreSQL は利用不可
・再販禁止(「再販」はサイト制作会社などがよく行っている、いわゆる「また貸し」)
・ヘテムルのサブドメイン(****@heteml.jp)でのメール利用不可(独自ドメインではメールアドレス無制限で利用可能)


ヘテムルの主なサーバースペック

CPU・メモリ CPU:Intrel Xeon 20コア以上
メモリ:192GB
稼働率 99.99%
バックボーン・
ネットワーク回線
非公開
記憶媒体 オール SSD
Webサーバー Apache 2.4.x
高速化機能 PHP モジュール版・HTTP/2
WordPress 簡単インストール


余談:「ヘテルム」?「ヘルテム」?サービス名の由来は?

GMOペパボのサービスには、どれも一度聞いたら忘れられないようなユニークな名前がついていますが、これは創業者である、家入一真氏のこだわりでもあります。


家入一真:GMO ペパボ株式会社の創業者。元ひきこもりの実業家として、著書が多数あるほか、都知事選にも出馬したことがある。現在は、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」やスマートECの「BASE」などの取締役として活躍。


この「ヘテムル」も変わった名前ですが、これは電車の中で女子高生が「HTML」のことを「ヘテムル」と呼んでいるのを、ある社員が聞いたことがきっかけだそうです。何とも面白い逸話です。

こちらの記事が元ソース(現取締役社長の佐藤健太郎氏の言?と思われる)ヘテムルの公式 Twitter では、以下のように「女子高生」が「Web制作会社の人」になっている

「ヘテムル」の由来についての公式Twitter


ヘテムルのおすすめプランは?

ヘテムルのおすすめは「ベーシック」プラン!

ヘテムルのおすすめプランは、ずばり「ベーシック」プランです。

「ベーシック」と「プロ」プランは、どちらも CPU やメモリのサーバースペックは同じで、転送量も 70GB/日と十分な量があります。

また、「プロ」プランは、値段が「ベーシック」の 2倍ですが、ディスク容量やデータベース数、転送量などは 1.5倍程度なので、もし容量などを増やしたいのであれば、もう一つ別にベーシックプランを申し込むのがベターです。(負荷・リスク分散にもなります)

ヘテムルは、前述のようにオンラインストレージとしても利用しやすい環境が整っていますが、ベーシックでも 200GBあって、サイトやメールだけではとても使い切れないため、ベーシックで十分です。

ヘテムルでは、他社より長めの15日間の無料お試しができますので、まずは一度その使いやすさを実感してみてください。


無料で15日間のお試しが可能!

ヘテムルの仕様詳細一覧

プラン名 ベーシック プラス
初期費用(税抜) 2,000円
月額料金(税抜)
(最低料金)
800円 1,600円
ディスク容量 200GB 300GB
マルチドメイン数 無制限
データベース数
(MySQL)
70個 100個
メールアカウント数 無制限
転送量
(日単位)
80GB 120GB
無料独自SSL ○(Let’s Encrypt)
WordPress
簡単インストール
バックアップ機能 自動バックアップ 14日間
(高度バックアップが可能なオプション:月額700円)
プラン変更 ×
サポート 電話(平日10:00~18:00)
メール(24時間365日)
高度な機能 Cron・SSI・SSH
その他の機能 アクセス解析・Webメール・メールウィルスチェック・スパムフィルタ・メーリングリスト・メールマガジン・ファイルマネージャー
お試し期間 15日間

無料で15日間のお試しが可能!