カゴヤ「S20」の評判とレビュー
カゴヤの評価
<Bランク>


安定性 3.5
処理速度 4.0
コストパフォーマンス 4.0
月額費用(税抜) 1,600円~ 初期費用(税抜) 3,000円
ディスク容量 300GB マルチドメイン数 無制限
データベース数 無制限 WordPress簡単インストール
お試し期間 14日間 キャンペーン 独自ドメイン初年度無料



拡張性が非常に高く、信頼度の高いレンタルサーバーが、この「カゴヤの共用サーバー

エントリー向けの最安プランである「S10」はデータベースやメールの提供などがないため、当サイトではその次に安い「S20」をおすすめしています。

運営しているカゴヤ・ジャパン株式会社は、1926年創業で最初は茶摘み用の籠の販売店から始まった異色の会社です。その後、LPガスの販売をはじめ、その事業の一環として1998年からISPサービスを始めています。そして、2006年には自社のデータセンターも立ち上げており、とてもしっかりした会社と言えます。

では、カゴヤ「S20」の魅力を、レンタルサーバー選びの7つのポイントに照らし合わせて紹介します。

7つのポイントをチェック!「カゴヤ・ジャパン S20」のレビュー

1.安定性

共用サーバープラン「S20」の転送量の目安は、160GB/日と非常に大容量。

バックボーン回線は 10G回線を冗長化しているとのこと。他社と比べると数値的に少々小さく見えるかもしれませんが、カゴヤは自社で京都にデータセンターを所有しており、他の大規模なデータセンターと比べると規模的には問題ないといえるでしょう。

データセンターは、「東京都中小規模事業所のクラウド利用による省エネ支援事業」対象の環境に優しいデータセンターに認定されています。

また、サーバーごとの最大収容数は 200。この最大収容数は公開しているところはほとんどないのですが、200アカウントは通常の共用サーバーのレベルです。

さらに、Webサーバーとメールサーバー、データベースサーバーは別のサーバーに収納されており、容量の枯渇や障害に対応しています。

なお、稼働率・同時アクセス数の上限については非公開、SLA はありません。

2.表示速度

カゴヤ「S20」の場合、CPUやメモリ等のスペックについては、公式サイトには記載がありませんが、サポートに確認したところ、最新のサーバーでは以下のようなスペックとのことでした。

CPU:Xeon Quad(4コア)と同等
メモリ:16 GB同等
HDD:1TB× 2(SATA)と同等
・データベースサーバーはSSD採用

WordPress で使用されている言語である PHP の処理は CGI モードです。

なお、サーバーの回線速度については非公開とのことでした。

3.バックアップ

データのバックアップは1世代・10GBまで無料で、バックアップのスケジュールを「日次・週次・月次」のいずれか1つを登録することができます。

また、10GB以上は有料(従量課金)ですが、最大2TBの容量までバックアップが可能です。世代数も無制限・バックアップスケジュールも複数登録が可能です。バックアップサーバーに FTP で直接アクセスすることも可能で、現在バックアップされているデータを確認することもできます。

当然、バックアップはバックアップ専用のサーバーに行われます。

10GBでは、人によっては少ないと感じるかもしれませんが、バックアップ自体が有料のところもありますし、増量も可能なのでありがたいですね。

残念ながら、「S20」に関しては、メールのバックアップには対応していません。

4.セキュリティ

WAF(Webアプリケーションファイアウォール)やIPS(不正侵入防御システム)が実装されており、無料です。

また、オプションになりますが、「シマンテック セーフサイト」という Webサイトへのマルウェア感染チェックや、信頼性の証明などを行うサービスを利用することも可能です。(ただ、高額なので小規模サイトなら使用する必要はないかと思います)

FTPに関しては、FTPS(FTP over SSL)のみで、SFTP(SSH File Transfer Protocol)は利用できないようです。

メール関連では、アンチウイルス・スパムフィルターの両方が無料で利用できます。

5.サポート体制

カゴヤのサポートは、電話・メール・問い合わせフォーム、そして Twitter と、幅広いサポートを行っています。

さらに、電話は携帯からもOKのフリーダイヤル。年中無休で、平日は夜の22時まで対応しているなど、日中忙しい人にはとてもありがたいサービスを実施してくれています。

メールサポートでも、早いときは問い合わせの2~3時間後、遅くても翌日には返信がもらえました。また、回答内容も的を得たシャープな回答をもらえています。

サポートマニュアルやFAQも充実しており、詳しくてわかりやすいです。

6.プラン変更

共用サーバーのプランは、「S10」「S20」「S30」という3つのラインナップがありますが、前述のとおり「S10」はデータベースやメールが利用できないため、移行するとしたら「S30」が対象になります。

「S20」から「S30」へのプラン変更の場合は、手数料も不要です。

ただ、サーバー自体が変更になるのでデータ移行が必要ですが、バックアップサービスを使用すると比較的容易に移行できるようです。また、メールサーバーは、別サーバーで管理しているので移行は不要です。これだけでも、結構手間が省けますね。

一応、「S10」へのダウングレードも可能です。

7.料金関係

同価格帯の他社プランでは無料で提供しているものの中で、カゴヤのS20が有料オプションとしているものはあまりありません。

ただ、カゴヤの共用サーバープランは、各種機能において拡張性が非常に高く、オプション料金を払うことで、ディスク容量やデータベース容量を増量したりすることが可能ですので、うれしいですね。

その他の特徴

カゴヤの場合は、以上のメリットに加え、アダルトサイトの運営が可能です。

ただ、事前にサイトの内容が規約に抵触するかどうかの判断はしてくれませんので、自分で規約をしっかり読み、判断することが必要です。(意外に基準は緩いという噂もあります)

その他仕様に関する注意点

・Ruby・Pytonは利用不可

7つのポイントまとめ

カゴヤの「S20」について、以上のチェックポイントをまとめます。

    ・転送量は十分で、自社でデータセンターを持っているため、安定性が高い
    ・サーバーのスペックはやや見劣りするが、モジュール版の PHP が利用できるなど、速度は期待できる
    ・バックアップは10GBまで無料
    ・WAF・IPSが利用可能で、高いセキュリティが実現できている
    ・電話サポートはフリーダイヤルで、しかも年中無休
    ・プラン変更はデータ移行が必要だが、手数料無料 移行も比較的簡単
    ・必要な機能は無料で利用でき、さらにオプションで拡張も可能
    ・アダルトサイトを運営できる数少ない日本のレンタルサーバーの一つ

カゴヤ「S20」の総評

カゴヤ「S20」は、エックスサーバーにも劣らずバランスが非常にいいレンタルサーバーです。また、カゴヤの特徴は、その拡張性の高さです。

バックアップがいい例ですが、最低限の機能は無料で確保しつつも、オプションでその容量を増量したりすることができるなど、ユーザーのニーズに応じて拡張することができます。

また、自社でデータセンターを運営していることから、安定性も期待できます。

アダルトサイトOKというところが、他のレンタルサーバーランキングなどではメインの売りにされていることが多いですが、上に挙げたようにコストパフォーマンスが非常によく、十分おすすめできるレンタルサーバーです。



初期費用 3,240円が無料になるキャンペーン実施中(めったにありません/2016年は未実施)+2週間お試し
(2017年4月1日(土)~6月30日(金))

サポートが手厚く、コストパフォーマンスに優れたカゴヤ「S20」の申し込みはこちらから