「ロリポップ!」v.s.「ConoHa WING」-機能とパフォーマンスを独自計測データで徹底比較!

「ロリポップ!」v.s.「ConoHa WING」-機能とパフォーマンスを独自計測データで徹底比較!

20年以上の運営実績があり、格安レンタルサーバーのパイオニアである「ロリポップ!」と、歴史はやや浅いものの、今やブロガーを中心に大人気の「ConoHa WING」

ロリポップ!は老舗として知られていますが、ConoHa WING も最近はよく評判を聞くので、一体どっちがいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

今回は、この GMOペパボ株式会社の提供する共用サーバーサービス「ロリポップ!」と、同じ系列会社である GMO 株式会社が提供する共用サーバーである「ConoHa WING」について、そのサービス概要からサーバーの実際の性能までを比較してみました。

この記事を読んでいただければ、どちらを選ぶべきか判断できるようになると思いますので、じっくりご覧ください。

最初に結論を言ってしまうと、以下のとおりです。

「ロリポップ!」v.s.「ConoHa WING」の結論

・コスパ重視+性能も良いサーバーを使用したい人 ⇒ ロリポップ!
・できるだけ簡単に WordPress を構築したい人/有料のテーマを安く利用したい人
⇒ ConoHa WING

では、具体的に比較した内容の詳細を見ていきましょう。

  1. ロリポップ!と ConoHa WING のスペック~サービスの詳細を比較
    1. 主なサービス(ディスク容量・マルチドメイン数・データベース数など)の違い
      1. 料金はプランやキャンペーン時期によって異なるが、ロリポップ!「ハイスピード」プランはやはり最安
    2. サーバースペック(CPU・メモリ・高速化機能など)の違いをチェック
      1. サーバーのスペックはロリポップ!が非公開のため比較が難しいが、ConoHa WING は CPU コア数、メモリのスペックは業界中でも高め
    3. その他の主なサービス(独自SSL・バックアップ・サポート体制など)の違い
      1. 機能面では全体的に ConoHa WING が上で柔軟性も高い ロリポップ!はチャットサポート、お試し期間あり
  2. ロリポップ!と ConoHa WING のパフォーマンスを比較
    1. サーバーの安定性比較の概要
      1. サーバー専用の監視ツールで 6か月以上計測した結果を比較
    2. Webサーバーの稼働率と応答速度を比較
      1. ロリポップ!は稼働率 100%!ただ、応答速度を含めても ConoHa WING とは大きな差はない
    3. サイトの表示速度比較の概要
      1. 表示速度を計測する専用ツールで WordPress の表示速度を 6か月間計測して比較
    4. WordPress の表示速度を比較
      1. ConoHa WING にブレが出たが、サイトの表示速度もほぼ同等レベル
  3. まとめ
      1. コスパ重視ならロリポップ!の「ハイスピード」プラン WordPress の構築をできるだけ簡単に済ませたいなら ConoHa WING がおすすめ
    1. ロリポップ!がおすすめな人
    2. ConoHa WING がおすすめな人

ロリポップ!と ConoHa WING のスペック~サービスの詳細を比較

最初に、両社サービスの違いについて見ていきましょう。まずは、主なサービス概要からです。

主なサービス(ディスク容量・マルチドメイン数・データベース数など)の違い

料金はプランやキャンペーン時期によって異なるが、ロリポップ!「ハイスピード」プランはやはり最安

会社名プラン名初期費用月額費用ディスク
容量
マルチ
ドメイン数
データ
ベース数
転送量
(TB/月)
ロリポップ!エコノミー1,650円99~132円100GB50個×無制限
ロリポップ! ライト1,650円220~440円200GB100個1個無制限
ロリポップ! スタンダード1,650円440~880円300GB200個50個無制限
ConoHa
WING
ベーシック無料1,320円~300GB無制限無制限27TB
ロリポップ! ハイスピード無料550~1,320円400GB無制限無制限無制限
ConoHa
WING
スタンダード無料2,640円~400GB無制限無制限36TB
ロリポップ! エンタープライズ3,300円2,200~2,530円1.2TB無制限無制限無制限
ConoHa
WING
プレミアム無料5,280円~500GB無制限無制限45TB

両社における各プランと価格帯毎にディスク容量、マルチドメイン数(設置可能な独自ドメイン数)、転送量の目安を一覧にしました。

近い価格帯のプランとしては、ConoHa WING の「ベーシック」とロリポップ!の「ハイスピード」、ConoHa WING の「スタンダード」とロリポップ!の「エンタープライズ」がライバル、というところでしょうか。
それ以外のプランは、ロリポップ!が低価格帯、ConoHa WING は高価格帯に位置します。

初期費用に関しては、ConoHa WING が無料に対し、ロリポップ!はハイスピード以外は初期費用が発生します。
月額料金は、基本の料金は上記のとおりですが、ConoHa WING は常時キャンペーンで割引をしており、随時価格は変動するため比較が難しいですが、ロリポップ!「ハイスピード」プランの 550円~に並ぶことはないので、ハイスピードプランがかなりお得です。

他のスペックに関しては、ディスク容量と転送量がロリポップ!が多めです。

転送量とは?
Web サイトの表示の際に、サーバーから閲覧者の PC に向けて送られるデータ量のこと。Web サイトへのアクセス数が多く、この転送量の上限をオーバーすると、アクセスが遮断され、サイトが閲覧できなくなってしまう可能性がある

サーバースペック(CPU・メモリ・高速化機能など)の違いをチェック

サーバーのスペックはロリポップ!が非公開のため比較が難しいが、ConoHa WING は CPU コア数、メモリのスペックは業界中でも高め

 ロリポップ!ConoHa WING
WebサーバーソフトApache(アパッチ)/
ハイスピード以上は
LiteSpeed(ライトスピード)
Apache + nginx(エンジンエックス)
記憶媒体オールSSDオールSSD
データベースMySQLMySQL
CPU非公開非公開
仮想 vCPU 6 / 8 / 10 コア
メモリ非公開8GB / 12GB / 16GB
PHPモジュール版(ライト/スタンダード)
LiteSpeed 版(ハイスピード以上)
LiteSpeed LSAPI
(※モジュール版と同様の性能)
高速化機能HTTP/2
・ロリポップ!アクセラレータ
・コンテンツキャッシュ機能
HTTP/2
・サーバーキャッシュ機能
・ブラウザキャッシュ機能
アクセス増対策○(同時アクセス数機能拡張
(ブースト機能))
△(プラン変更で対応可能)

次に、サーバー周りのスペックの違いをチェックしてみましょう。

サーバースペックに関しては、ロリポップ!が非公開になっている点が多いため、やや比較が難しいです。

一方の ConoHa WING も CPU は非公開ですが、CPU の仮想コア数とメモリは公開されていて、他社と比較しても高めのスペックです。ただ、ユーザー毎に使用できるリソース(CPU やメモリ)を完全に保証しているわけではないので、ロリポップ!同様、他のユーザーの影響はそれなりに受けます。
(※リソースを保証するプランは別途「リザーブドプラン」として提供しているが、価格はやや高め)

ロリポップ!側のメリットとしては、急なアクセス増対策として自動で同時アクセス数の上限値を緩和する「同時アクセス数拡張機能」があります。
ConoHa WING もプラン変更でアクセス急増に対応することは可能ですが、手動でプラン変更を行う必要があります。

その他の主なサービス(独自SSL・バックアップ・サポート体制など)の違い

機能面では全体的に ConoHa WING が上で柔軟性も高い ロリポップ!はチャットサポート、お試し期間あり

 ロリポップ!ConoHa WING
無料独自SSL○(Let’s Encrypt)○(Let’s Encrypt)
WAF(Webアプリケーション
ファイアウォール)
バックアップ有料(Web/メール/データベース)
※ハイスピード以上無料(保存期間不明)
○(Web・メール
・データベース:14日間分)
 バックアップからの復元○(無料)○(無料)
プラン変更○(上位)○(上位・下位)
 プラン変更のタイミング月単位即時(日割り)
※長期契約 WING パックの場合は、
上位の場合はその差額支払い、
下位の場合は返金なし
電話サポート△(スタンダード以上)
チャットサポートは全プラン対象
アダルトサイト××
データセンター国内国内
お試し期間10日間なし(時間単位での利用可能)
キャンペーン独自ドメイン永久無料
初期費用無料など
独自ドメイン永久無料
割引をほぼ年中実施

次に、その他の仕様の中で違いがみられるものや、重要な機能やサービスと思われるものをいくつかピックアップし、比較してみました。

まず、バックアップに関しては ConoHa WING は完全に無料です。一方、ロリポップ!も「ハイスピード」プラン以上は無料なのですが、保存期間が開示されていません。おそらく任意の時期のデータを選んで復元することはできないのではないかと思われます。

また、プラン変更も ConoHa WING はいつでもどのプランに変更することが可能ですが、ロリポップ!は上位にしか変更できず、一度アップすると下位プランに戻すことはできなくなります。

電話サポートに関しては、ロリポップ!が下位プラン(エントリー/ライト)は利用できませんが、ConoHa WING にはないチャットサポートを利用できます。無料の試用期間があるのも、ロリポップ!だけです。

最後はキャンペーンですが、ロリポップ!もキャンペーンは多いですが、ConoHa WING は常時割引キャンペーンを実施しています。時期によって割引率が異なりますので、要チェックです。

ロリポップ!と ConoHa WING のパフォーマンスを比較

では、次に各サーバーのパフォーマンスを比較してみましょう。サーバーの性能はスペックだけではわかりません。そのため、実際に各サーバーを使用して検証を行った内容から、実際の能力差を見てみたいと思います。

比較に使用するのは、当サイトで独自に調査したデータで、同じ価格帯のプランである、ロリポップ!「ハイスピード」・ConoHa WING「ベーシック」を使用した結果です。
(※ 2021年の計測データを基にしています。)

調査の詳細については、以下の各記事でご確認ください。

Webサーバーの安定性を独自調査データで比較
サーバー別のWordPress表示速度を独自調査データで比較

サーバーの安定性比較の概要

サーバー専用の監視ツールで 6か月以上計測した結果を比較

まず、サーバーで最も重要な「安定性」からチェックします。

調査は Webサーバーの監視ツール「Site24x7」を利用したもので、約 7日間× 6か月間に渡ってサーバーの稼働率と応答速度をモニタリングした結果を比較します。

「稼働率」は、サーバーが正常に動作していた時間帯の割合で、100%に近いほどより安定していると言えます。おおむね「99.99%」程度であれば優秀です。(※ 稼働率=(稼働時間×障害時間)÷稼働時間×100)

「応答速度」は、外部からサーバーに対してサイトのデータを送るよう命令を送った際(HTTPリクエスト)に、どのくらいで応答を返してきたかを計測したもので、数値が小さいほうが応答は速いため、より良いサーバーということになります。

Webサーバーの稼働率と応答速度を比較

ロリポップ!は稼働率 100%!ただ、応答速度を含めても ConoHa WING とは大きな差はない

順位サーバー名
(プラン名)
項目平均7月8月9月10月11月12月
2位ロリポップ!稼働率 100%100%100%100%100%100%100%
応答速度263.8206.0298.0245.0244.0370.0220.0
3位ConoHa WING稼働率99.999%100%100%99.993%100%100%100%
応答速度 223.7253.0335.0283.0275.0264.0197.0
8社平均稼働率99.995%100%99.974%99.999%100%99.999%99.998%
応答速度389.4413.9421.5337.1386.0388.0350.0
※無断転載禁止
※稼働率の単位は「%」、応答速度の単位は「ミリ秒」

まず、稼働率に関しては、ロリポップ!が 100% を達成しています。ConoHa WING もダウンがあったのは 9月のみで、それも 1分以内と短時間で、トータルでは 99.999% を達成できているので、非常に安定していると言えるでしょう。

一方、応答速度に関しては、これまで ConoHa WING が他社と比較しても圧倒的な速さを誇っていたのですが、ついにエックスサーバーに追い越されてしまいました。ロリポップ!との平均では、まだ ConoHa WING が上ですが、月によってはロリポップ!が速いこともあるので、同等レベルになってきたと言えるかもしれません。

サイトの表示速度比較の概要

表示速度を計測する専用ツールで WordPress の表示速度を 6か月間計測して比較

次に、各サーバーに設置した WordPressサイトの表示速度を比較してみます。表示速度の計測には、同じく Site24x7 を使用しています。こちらも約 7日間× 6か月間に渡る調査結果です。

結果の数値については、小さいほうが速く表示できるということを意味しますので、数値が小さいほうがより良いサーバーということになります。(計測に使用したWebサイトのデータは共通)

WordPress の表示速度を比較

ConoHa WING にブレが出たが、サイトの表示速度もほぼ同等レベル

順位サーバー名
(プラン名)
平均(秒)7月8月9月10月11月12月
2位ロリポップ!(ハイスピード)3.623.422.952.904.414.113.94
6位ConoHa WING(ベーシック)4.013.435.322.884.404.043.97
8社平均4.023.664.393.264.524.194.12
※無断転載禁止
※単位はすべて「秒」

サイトの平均表示速度は、ロリポップ!が上という結果になりました。しかし、ConoHa WING の 8月の結果がブレている以外はすべて僅差ですので、基本的にはこちらも同等レベルと考えていいでしょう。

以上、安定性と表示速度、パフォーマンス面では大きな違いはないと言えます。

まとめ

コスパ重視ならロリポップ!の「ハイスピード」プラン WordPress の構築をできるだけ簡単に済ませたいなら ConoHa WING がおすすめ

以上、GMOペパボ株式会社のロリポップ!と GMO 株式会社の ConoHa WING について、そのサービスから、安定性、Webサイトの表示速度まで、独自に測定したデータをもとに比較してみました。

プラン構成などは違いますが、パフォーマンスやサービス仕様などに関しては、思ったほど違いはなく、おおむね同じくらいの実力があるという結果です。

異なる点としては、料金的には月額最低 550円から利用できる、ロリポップ!の「ハイスピード」プランにかなりのアドバンテージがあります。
同じレベルの ConoHa WING「ベーシック」プランも、キャンペーンの割引で月額最低 700円弱になることがありますが、それでもロリポップ!には及びません。

一方、ConoHa WING の大きなアドバンテージは、 WordPress の構築がレンタルサーバーの中でもダントツに簡単な点で、WordPress の有料テーマを安く購入できることも非常に大きな魅力です。

以上から、ロリポップ!と ConoHa WING は、それぞれこんな人におすすめだと言えます。

「ロリポップ!」v.s.「ConoHa WING」の結論

・コスパ重視+性能も良いサーバーを使用したい人 ⇒ ロリポップ!
・できるだけ簡単に WordPress を構築したい人/有料のテーマを安く利用したい人
⇒ ConoHa WING

ロリポップ!がおすすめな人

  • 低価格帯プラン(月額料金 500円以下)を利用したい人
  • コスパ重視で、性能も良いサーバーを使用したい人
初心者にも評判!大人気サーバー「ロリポップ!」

ロリポップ!の評判・検証評価レビューを見る

ハイスピードプラン契約で、6ヵ月分無料のクーポンがもらえるキャンペーン実施中!!
さらに!
『ロリポップハイスピードプランへのお引越しで月額1円キャンペーン!』実施中!!
(2022年5月8日(日)23:59 まで)

[/campaign

ロリポップ!レンタルサーバーの公式サイトへ

ConoHa WING がおすすめな人

  • できるだけ WordPress を簡単に構築したい人
  • 有料の WordPress テーマ(JIN / SANGO など)を安く利用したい人
国内最速で大評判!「ConoHa WING」を独自に検証・評価レビュー

ConoHa WING の検証・比較レビュー


ConoHa WING のお申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました