ロリポップ!「エンタープライズ」の評判とレビュー
ロリポップ!の評価
<Bランク>


安定性 3.5
処理速度 4.0
コストパフォーマンス 3.0
月額費用(税抜) 2,000円~ 初期費用(税抜) 1,500円
ディスク容量 400GB マルチドメイン数 無制限
データベース数 100個 WordPress簡単インストール
お試し期間 10日間 キャンペーン 初期費用無料・半額など



格安レンタルサーバーでは知名度1~2位を争うくらい有名で、ユーザー数も150万人を突破した、「ロリポップ!」レンタルサーバー。

運営会社の GMO ペパボ株式会社は、2001年創業の福岡のベンチャー企業であった「paperboy&co.」(創業当時は「合資会社マダメ企画」)として、非常に個性的でユニークなサービスを沢山提供してきましたが、現在は GMO のグループ企業になっています。創業者の家入一真氏は、現在は実業家として活躍していますが、都知事選にも出馬したことがあるので、知っている人も多いと思いでしょう。

ロリポップ!は、これまで主に個人ユーザーを対象としていましたが、近年ビジネスユーザー向けの「エンタープライズ」プランをリリースしました。

スペック的にも魅力的なその「エンタープライズ」プランを、レンタルサーバー選びの7つのポイントに照らし合わせて紹介します。

7つのポイントをチェック!「ロリポップ!エンタープライズ」のレビュー

1.安定性

品質保証制度(SLA)はありませんが、稼働率は 99.99%以上を実現しています。

障害情報には過去1か月分くらいの掲載がありますが、長期化した案件を除き、ほとんど原因と対処は書いてありません。(検索すれば過去の情報自体は確認できるようです)

転送量は、「エンタープライズ」プランでは無制限。下位プランも2015年12月に大幅に緩和されました。

また、一時的なアクセス増に対応可能な「同時アクセス数拡張」が利用可能ですので、バズったときにも安心です。

データセンターは、GMO の国内のデータセンターを利用しているとのこと。バックボーンの回線については非公開。

なお、同時アクセス数・収容人数についても非公開とのことでした。

2.サイトの表示速度

サーバーのスペックについては、以下の通りなかなかハイスペックになりました。

・CPU:Intel(R) Xeon(R)CPU E5-24xx(Ivy Bridge) 6コア
・メモリ:32GB
・HDD:SSD の使用有無は非公開

サーバーの回線速度は1000Mbpsとのこと。

PHP に関しては、独自の技術で高速なモジュールモードでの利用を実現しています。

3.バックアップ

ユーザーのためのバックアップは、エンタープライズの場合は2015年6月以降無料になりましたが、下位プランの場合はオプション料金が発生します。

バックアップの対象となるデータは、Webサイトとデータベース。メールデータはバックアップ不可とのこと。

また、バックアップは過去7世代まで可能で、外部バックアップサーバーに保管、バックアップサーバーは物理的にも別のロケーションにあるということですので、安心ですね。

4.セキュリティ

IDS(不正侵入検知システム)・IPS(不正侵入防御システム)はありませんが、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)は利用可能です。

その他、Web改ざん検知や国外IPアドレス制限などのサービスはありません。

FTPに関しては、FTPS(FTP over SSL)と SFTP(SSH File Transfer Protocol)の両方が利用可能です。

メールのセキュリティに関しては、ウイルスチェックとスパムフィルターが共に無料で利用できます。

5.サポート体制

サポートは電話・メール・チャットが利用可能と幅広いですが、電話サポートはフリーダイヤル(ユーザーのみに告知)ではなく、またスタンダードプラン以降のみ利用できます。

電話は平日のみで、メールとチャットは土日祝日も営業しているようです。

メールサポートのレスポンスはかなり早いほうで、回答の質も割合高めだと思います。

また、リリース当初から女性をターゲットにしていたと思われる節もあり、サポートマニュアルと FAQ は昔から非常に見やすく、わかりやすいです。

6.プラン変更

プラン変更に関しては、試用期間中は自由で、上位・下位ともに変更可能ですが、入金後は上位プランへの移行のみ可能です。また、プラン変更には手数料が必要です。

プラン変更を行うと収容サーバーが変わるそうで、データの移動は会社側でやってくれるようですが、数分から最大で1日程度、時間がかかる可能性があるようです。また、各言語のパスやSFTPのサーバー名など、一部の設定はし直す必要があるようです。

なお、「エンタープライズ」プランは最上位プランのため、実質プラン変更はできないと同じ事ですね。

7.料金関係

エンタープライズプランに関しては、オプション料金が必要な主なサービスは特にありません。

下位プランの場合は、バックアップの月額料金が発生します。

試用期間は10日間で、初期費用半額等や同社の他のサービスと絡めた様々なキャンペーンをほぼ一年中行っています。

その他の特徴

ロリポップ!では、ディスク領域を簡単にオンラインストレージとして利用可能な「WebDAV」機能が利用できます。WebDAV 機能を使うことで、パソコンのフォルダのように扱えるので、ファイル共有なども簡単にできます。

エンタープライズプランはディスク容量が400GBと非常に大きいですが、余ったディスク領域をこの WebDAV 機能で十分活用できますね。

その他仕様に関する注意点

・PostgreSQL 利用不可
・メールアカウントごとの上限が2GBと少なめ

7つのポイントまとめ

ロリポップ!「エンタープライズ」プランについて、以上のチェックポイントをまとめます。

    ・転送量は無制限で稼働率も高く、「同時アクセス数拡張」機能も利用できる
    ・サーバーのスペックも高く、独自の技術でモジュール版の PHP が利用できるなど、速度も期待できる
    ・「エンタープライズ」プランはバックアップも復元も無料
    ・セキュリティは WAF が利用可能で、SFTPも利用できる
    ・電話サポートは上位プランのみだが、メールのサポートもレスポンスも質も高め
    ・プラン変更は無料だが、最上位プランのため実質不可
    ・キャンペーンなども豊富
    ・WebDAV 機能でディスク領域を有効活用可能

ロリポップ!「エンタープライズ」プランの総評

レンタルサーバーでは非常に知名度の高いロリポップ!ですが、基本的に初心者を対象としているためか、非常に使いやすく、サポートも迅速でよいです。

また、サーバーのスペックや転送量なども近年一気にアップし、同社の上位サービスであるヘテムルの存在価値があまりなくなってきてしまうくらいの大幅なサービス向上が見られるところは、非常に評価できます。

ただ、スペック的には高く見える安定性という点では、少々致命的な点が見られます。

こちらの体験談にも書いている通り、管理人自身が過去にロリポップ!を利用していましたが、大規模なサイト改ざん事件に巻き込まれました。

またそれだけではなく、最近でもデータを復旧できなくなった小規模な障害が発生しているようです。
https://lolipop.jp/info/obsta/5195/

下位プランに関しては価格も安く、使いやすさはピカイチなので、趣味としての Web サイト運営であれば十分利用価値があると思います。

しかし、ビジネスの土台として利用するためのレンタルサーバーとしては、このような致命的な障害が発生してしまうのは利用する側としては非常に厳しいところです。

また、「エンタープライズ」プランは月額費用が決して安くはなく、当サイトで紹介しているレンタルサーバーの中でも最も高価なプランのため、もし同じ値段を出すのであれば、信頼性が高く、半額程度のエックスサーバー等を選択したほうがベターだと思います。

以上の理由で積極的におすすめはしてはいませんが、近年の改定でトータルのスペックが非常に高くなっていますので、デメリットを理解しつつ、バックアップを工夫するなど、自己防衛をしながら利用できるのであれば、値段に値する恩恵を十分得られると思います。



今なら、ドメイン取得+ロリポップ!申し込みで初期費用が無料に!
2017年6月14日(水)12:00〜2017年6月30日(金)23:59

高スペックで大容量、使い勝手のいいロリポップ!の申し込みはこちらから