「ロリポップ!」v.s.「スターサーバー」-機能とパフォーマンスを徹底比較!

創業から16年(2019年)であり、格安レンタルサーバーのパイオニアある「ロリポップ!」と、歴史はやや浅いものの、着実に安定した良いサービスを提供し続けてきた「スターサーバー」

両社はプラン構成や価格も非常に似ているため、特に格安サーバーを探している人の中には、どちらを選べばいいか悩む人も多いでしょう。

そこで、今回は GMO ペパボ株式会社の共用サーバーである「ロリポップ!」とネットオウル株式会社の「スターサーバー」とを、ディスク容量、データベース数やサーバースペックから、独自に測定した安定性と WordPress の表示速度などの実際のパフォーマンスの違いまでを、徹底的に比較してみました。



各サーバーの主な違いをざっくりまとめると、こんな感じになります。

  • サポートに関しては、ロリポップ!が充実しているので初心者向け
  • サーバーのスペックは、スターサーバーのほうが高そう(ロリポップ!は非公開)
  • 検証データによる安定性や表示速度は、ほぼ互角



以上から、以下のような結論になります。

「ロリポップ!」v.s.「スターサーバー」の結論
 ・初心者・サポート重視向けロリポップ!

 ・中級者・安定性重視向けスターサーバー

※ただし、アクセス数が非常に多い場合は、ロリポップ!がベター



以下に、比較した内容を、詳しく解説していきます。


ロリポップ!とスターサーバーのスペック~サービスの詳細を比較

最初に、ロリポップ!とスターサーバーの主なサービス概要の違いから見ていきましょう。

主なサービスの違い

以下に、両社における各プランと価格帯毎にディスク容量、マルチドメイン数(設置可能な独自ドメイン数)とデータベース数、転送量の目安を一覧にしました。


ロリポップ! スターサーバー
プラン名 ディスク容量 独自ドメイン/データベース数 転送量 月額料金 ディスク容量 独自ドメイン/データベース数 転送量 プラン名
エコノミー 10GB 20個/なし 50GB/日 100円台 10GB 20個/なし 1.5TB/月(約 5GB/日) エコノミー
ライト 50GB 50個/1個 100GB/日 250円 50GB 50個/1個 3.0TB/月(約 100GB/日) ライト
スタンダード 120GB 100個/30個 150GB/日 500円 100GB 無制限/20個 4.5TB/月(約 150GB/日) スタンダード
ハイスピード 200GB 無制限/70個 200GB/日 1,000円 150GB 無制限/50個 6.0TB/月(約 200GB/日) プレミアム
エンタープライズ 400GB 無制限/100個 200GB/日 2,000円台 200GB 無制限/100個 6.0TB/月(約 200GB/日) ビジネス



大枠で見るとほぼ似たようなプラン構成になっていますが、1,000円台のプランが異なります。ロリポップ!には、以前この枠に同社が提供する別サービスである「heteml(ヘテムル)」が入っていましたが、ここにハイスピードプランが加わりました。

エコノミーとライトに関しては、ディスク容量や独自ドメイン(マルチドメイン)数などは全く同じですが、スタンダードからやや傾向が変わってきます。

スタンダードより上位のプランになると、ロリポップ!のほうがディスク容量とデータベース数が多いのですが、設定可能なマルチドメイン数はスターサーバーのほうが多い(無制限)です。そのため、WordPress サイトを多く作りたいならロリポップ!、通常の HTML サイトを大量に作るならスターサーバー、という選択になるでしょう。

なお、以前はロリポップ!のほうが「転送量」が多かったのですが、現在はどちらもほぼ同じになりました。
(※ スターサーバーは月単位の転送量になっていますので、比較しやすいようにあえて30日で割ったものも掲載しています)

ただ、一時的(数日~1週間)などに急にアクセスが増えるようなことがあった場合は、日単位よりも月単位のスターサーバーのほうが有利です。(日単位の場合、その日の分の容量を超えてしまうとアクセス制限がすぐにかかる可能性があるため)


転送量とは?
Web サイトの表示の際に、サーバーから閲覧者の PC に向けて送られるデータ量のこと。Web サイトへのアクセス数が多く、この転送量の上限をオーバーすると、アクセスが遮断され、サイトが閲覧できなくなってしまう可能性がある

サーバースペックの違いをチェック

次に、サーバー周りのスペックの違いをチェックしてみましょう。


ロリポップ! スターサーバー
Webサーバーソフト Apache(アパッチ)
※ハイスピードのみ LiteSpeed(ライトスピード)
nginx(エンジンエックス)
記憶媒体 HDD ※ハイスピードのみオールSSD オールSSD
データベース MySQL MySQL
CPU 非公開 Xeon E5-2640V4 ×2(2.4GHz)
メモリ 非公開 192GB
PHP CGIモード/モジュールモード
(モジュールモードはスタンダード以上)
※ハイスピードのみ LiteSpeed版
CGIモード(FastCGI)
高速化機能 HTTP/2・ロリポップ!アクセラレータ・コンテンツキャッシュ機能 HTTP/2・PHP高速化設定
アクセス増対策 ○(同時アクセス数機能拡張(ブースト機能)) なし



CPU やメモリなどのサーバースペックに関しては、ロリポップ!が非公開のため比較は難しいですが、スターサーバーは系列会社であるエックスサーバー株式会社提供の最上位プランである sixcore(シックスコア) と同等のスペックのため、共用サーバーとしては非常に高いレベルです。

また、スターサーバーは、記憶媒体に従来の HDD よりも高速な読み書きが可能な SSD を採用しているため、安定性や速度も期待できます。(ロリポップ!もハイスピードだけは、SSD が採用されています。)

PHP に関しては、ロリポップ!が高速なモジュールモード(※ハイスピードのみ LiteSpeed版)を利用できますが、スターサーバーではモジュールモードと同等のパフォーマンスが出る「FastCGI」を利用できます。

一方、高速化機能に関しては、ロリポップ!がWebサイトを高速表示できる、ロリポップ!アクセラレータやコンテンツキャッシュ機能に加え、一時的なアクセス増数対策が可能な、同時アクセス数機能拡張も利用できます。対するスターサーバーは、「PHP高速化設定(PHP-FPM)」が導入されました。

なお、より新しい機能を積極的に導入しているのはロリポップ!です。スターサーバーも重要な機能は導入していますが、ロリポップ!に比べるとやや対応が遅めなので、今後も他社で導入される新機能は、ロリポップ!のほうが早く採用される可能性が高いでしょう。


その他の主なサービスの違い

次に、その他の仕様の中で違いがみられるものや、重要な機能やサービスと思われるものをいくつかピックアップし、比較してみました。


ロリポップ! スターサーバー
無料独自SSL ○(Let’s Encrypt) ○(Let’s Encrypt)
WAF(Webアプリケーションファイアウォール) ×
バックアップ 有料(Web/メール/データベース)
※ハイスピード以上無料
×
 バックアップからの復元 ○(無料)
プラン変更 ○(上位) ○(上位)
電話サポート △(スタンダード以上)・チャットサポートは全プランあり ×
アダルトサイト × ×
データセンター 国内 国内
お試し期間 10日間 14日間
キャンペーン 初期費用無料など 初期費用無料など



その他のサービスの違いにおいては、全体的にロリポップ!のほうがサービス水準は高いです。

たとえば、バックアップ機能があることや、サポートに関してもリアルタイムでサポートをしてもらえる電話サポート(スタンダード以上)やチャットサポート(全プラン)があります。

スターサーバーの場合は、このサポートがやや弱く、メールでのサポートだけになっていますので、リアルタイムサポートが必要である完全な初心者よりは、ある程度知識がある人のほうが使いやすいでしょう。

なお、スターサーバーはメールサポートのみではあるものの、サポートからの返信はかなり速いため、企業努力は感じます。ただ、返信の速さはロリポップ!も同程度なので、やはり全体的にロリポップ!の軍配が上がりそうです。


各サーバーのパフォーマンスを比較

では、次に各サーバーの実力を比較してみましょう。サーバーの性能はスペックだけではわかりません。そのため、実際に各サーバーを使用して検証を行った結果をもとに、実際の能力差を見てみたいと思います。

比較に使用するのは、当サイトで独自に調査したデータで、同じ価格帯のプランである、ロリポップ!「スタンダード」スターサーバー「スタンダード」を使用した結果です。調査の詳細については、以下の各記事でご確認ください。

Webサーバーの安定性を独自調査データで比較
サーバー別のWordPress表示速度を独自調査データで比較

サーバーの安定性を比較

まず、サーバーで最も重要な「安定性」からチェックします。

調査は Webサーバーの監視ツール「monitis」を利用したもので、約 7日間× 7か月間に渡ってサーバーからの応答状況(安定性)と応答速度をモニタリングした結果を比較します。



「応答速度」は、外部からサーバーに対してサイトのデータを送るよう命令を送った際(HTTPリクエスト)に、どのくらいで応答を返してきたかを計測したもので、数値が小さいほうが応答は速いため、より良いサーバーということになります。

また、「応答なし回数」は、リクエストを送ったにもかかわらず、サーバーから応答がなかった(または、かなり遅かった)、つまり Webサイトの表示ができなかった可能性があると考えられますので、応答なしの回数が少ないほうが安定性の高いサーバーといえます。

Webサーバーの応答状況(安定性)と応答速度

応答なし回数 平均応答速度 安定性総合順位
ロリポップ!
「スタンダード」
11.9 324.7 4
スターサーバー
「スタンダード」
10.6 377.3 5

※無断転載禁止

結果を見ると、ロリポップ!は応答なし回数が若干多く、スターサーバーは応答なし回数が少ない分、応答速度が遅い、といった感じです。

ただ、より上位のサーバーの応答なし回数が「0.1」といったレベルなので、安定性に関しては、ほぼどちらも同等レベルと言えます。

WordPressの表示速度を比較

次に、各サーバーに設置した WordPressサイトの表示速度を比較してみます。表示速度の計測には、同じく monitis を使用しています。こちらも約 7日間× 7か月間に渡る調査結果です。

結果の数値については、小さいほうが速く表示できるということを意味しますので、数値が小さいほうがより良いサーバーということになります。(計測に使用したWebサイトのデータは共通)

WordPress の表示速度

平均表示速度 表示速度総合順位
ロリポップ!
「スタンダード」
3.39 7
スターサーバー
「スタンダード」
3.28 6

※無断転載禁止

WordPress を使う上で大いに気になるのが、この表示速度ですが、こちらも平均値はほぼ同じレベルです。

こちらも上位では 2分台が出ていることを考えると、ほぼ互角と言っていいでしょう。


まとめ

以上のように、プラン構成は非常に似ていますが、詳細をよくチェックしてみるといくつかの点において違いがありました。

冒頭にも掲載しましたが、中でも重要な相違点をまとめると、以下のようになります。


  • サポートに関しては、ロリポップ!が充実しているので初心者向け
  • サーバーのスペックは、スターサーバーのほうが高そう(ロリポップ!は非公開)
  • 検証データによる安定性や表示速度は、ほぼ互角



以上から、各サーバーはこんな人におすすめと言えます。


ロリポップ!がおすすめな人

  • 初心者でサポート重視な人
  • バックアップ機能や新機能を早く試したい人

初心者にもおすすめのレンタルサーバー「ロリポップ!」

対象プランの新規契約でドメインが1つ無料に!
(2020年5月8日(金)23:59まで)


スターサーバーがおすすめな人

  • 安定性を重視する人
  • カンタンな事なら自分で調べて解決できる人



クラウド型で評判のスターサーバーを徹底調査!独自検証データで評価

今なら、サーバー初期設定費用が無料!になるキャンペーンを実施中!
(2020年4月30日(木)18:00 まで)