heteml(ヘテムル)が待望の電話サポートを開始!



2016年10月17日から GMO ペパボ株式会社が提供する、クリエイター向けレンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」で、電話サポートが開始されました。

今回は、heteml の電話サポートの正式リリースの詳細について、サポート窓口に問い合わせた内容も含め、詳細をお知らせします。



heteml(ヘテムル)の検証・評価レビュー
heteml(ヘテムル)が復活!新サーバー環境と「モジュール版PHP」を徹底検証


レンタルサーバーにおける電話サポートの現状

一昔前は、レンタルサーバーのサポートといえばメールでの対応のみで、その返信も何日もかかるようなことが多かったのですが、近年は割合安価なレンタルサーバー会社でも電話サポートを行うようになってきました。

当サイトで紹介しているレンタルサーバーの中でも、13社中の10社が電話でのサポートを実施しています。(詳細は「レンタルサーバー仕様一覧」の下から2番目の項目にある、「サポート」の欄をご参照ください)

また、運営元が同じロリポップ!も、上位プランのみが対象ではありますが、すでに以前から電話サポートを行っていました。heteml は一歩遅れた感じですが、ようやく今回の正式リリースとなりました。


heteml の電話サポートの対象ユーザーは?

実は、今回 heteml で電話サポートを正式にリリースするにあたり、事前に 2016年9月1日から「電話サポートβ版」として、試験運用を開始していました。



heteml の電話サポートβ版(試験運用)



この試験運用は、heteml の既存ユーザーのうち、(おそらく)任意で抽出された一部のユーザーに対してのみ行っていたようです。

一方、今回の正式リリースでは、サポート対象者「既存ユーザー」「お試し期間中のユーザー」となっています。

利用を検討中のユーザーは、電話サポートが利用できないので、メールでの問い合わせになってしまうのが、少々残念です。



なお、サポートの内容に「サーバー契約やオプション契約の入金処理に関する内容は、お電話で対応できないことがございます。」とありますので、どちらかというと技術的なサポートが中心になるようですね。


電話サポートの営業時間は?電話は無料?

電話サポートの営業時間は、ロリポップと同様、平日のみ(10時~18時)の対応です。

また、電話番号も(ロリポップ同様)コントロールパネルにログインしないと確認できないようになっていますので、既存ユーザーしか知ることはできません。

現在、他社でも電話サポートの電話番号はフリーダイヤルのところが増えていますので、heteml のサポート窓口にこの辺りを確認してみました。

すると、残念ながら、(現時点では)フリーダイヤルや格安のナビダイヤルなどではなく、一般の電話番号とのことでした。

おそらく、東京「03」 か大阪「06」の番号ではないかと思われますが、首都圏に住むユーザーであればいいですが、地方都市の人にはやや不便かもしれませんね。



heteml の電話サポート



追記:上記のように、東京「03」の番号でした。


heteml(ヘテムル)が待望の電話サポートを開始!まとめ

以上、heteml の電話サポートの正式リリースについてまとめてみました。

heteml はビジュアル的に見やすく、使いやすいですし、FAQ や サポートブログも充実しているので、それほど利用上で迷うことは多くはないと思います。

でも、作業中にちょっとしたことをすぐに確認できる体制が整っているということは、特に初心者のユーザーにとって非常にありがたいものです。これで heteml を選ぶ敷居がさらに低くなるでしょう。

heteml はレンタルサーバーの中でも、お試しするまでの入力項目や手順が一番少ないレンタルサーバーでもありますので、これを機会に heteml を利用してみてはいかがでしょうか。



heteml(ヘテムル)の検証・評価レビュー
heteml(ヘテムル)が復活!新サーバー環境と「モジュール版PHP」を徹底検証