sixcore(シックスコア)がサーバー基盤システムを刷新!



エックスサーバーの上位サービスである、sixcore(シックスコア) が、共用サーバー、専用サーバーともに 2017年4月12日新規受け付け分から、サーバー基盤システムを刷新しました。

基盤システムの刷新の他、サービス仕様の一部を変更する旨が発表されていますが、昨年のエックスサーバーの基盤システム刷新と似たような感じで、各言語のバージョンや CMS(コンテンツマネジメントシステム)や Webメールなどの提供サービスにも変更がありました。

基盤システムの具体的な変更点については、ニュースリリースでは特に触れられていないのですが、いったいどこに変更があったのでしょうか。そのあたりも含め、今回の シックスコア の変更点について詳しく見ていきたいと思います。

サーバー基盤システムを刷新したsixcore(シックスコア)の実力を徹底検証・比較!


シックスコアにおけるサーバー基盤の変更点

まずは、早速サーバー基盤の変更点を見ていきましょう。

公式サイト上に書かれているサーバーのスペックについては、「CPU 16コア・メモリ 96GB」ということで、特に変更点はないように見えます。

シックスコアのサイト上のサーバースペック



そこで、新環境のサーバーを実際にチェックしてみます。

sixcore もエックスサーバー同様、ユーザー自身が自分の利用しているサーバーのスペックを確認できる数少ないレンタルサーバーなのですが、新サーバー環境にログインしてみると、以下のようなスペックになっていました。

シックスコアの新サーバー環境のスペック



新旧サーバー環境の違いを比較すると、以下のようになります。

CPU Xeon E5-2630V3 ×2 Xeon E5-2640V4 ×2
クロック数 2.4GHz 2.4GHz
キャッシュ 20 MB 25 MB
コア数 8 コア 10 コア
スレッド数 16 20
メモリ 96GB 96GB



メモリには変更がありませんが、CPU は 10コア ×2 で 20コアになっていますので、スペックアップされていますね!

シックスコアはエックスサーバーと比べると収容人数がかなり少ないと思いますので、メモリも少なくてすんでいると思いますが、CPU についてはこれでエックスサーバーと同等になりました。パフォーマンスの向上も大いに期待できそうです。


その他サービスの主な変更点

サーバー環境の変更の他に、サービスの変更点も多々ありますが、主なものを以下にピックアップしてみます。

  • Apache バージョン:2.2 → 2.4
  • PHP:バージョン 5.2 のみ提供終了
  • MySQL:5.5.x → 5.7.x
  • XOOPS :自動インストール機能提供終了
  • Xキャッシュ:提供終了
  • 旧 Webメール:提供終了

Xキャッシュは、X2(エックスツー)と sixcore で提供されている、サイト表示高速化のためのキャッシュ機能ですが、これが廃止される代わりに、今後別の高速化機能を提供する予定とのこと。

また、旧 Webメールも廃止されますが、エックスサーバー同様、タブレット・スマホにも対応した、使いやすい Webメールが提供されています。


シックスコアのサーバー基盤システム刷新まとめ

以上、シックスコアのサーバー環境とその他サービスについての変更点について、概要をまとめてみました。

提供会社としては、ユーザー数が多いエックスサーバーが優先的にスペックアップしていくのは当然だとは思いますが、ユーザーとしては、やはり上位サービスとして、よりよい環境を提供してほしいですから、今回のサーバー環境刷新はうれしいですね。

ニュースリリースでは具体的には触れられていませんでしたが、上のように CPU がしっかりスペックアップされていましたので、今後パフォーマンスの変化を確認し、あらためてレポートしてみたいと思います。



追記:こちらの記事で各種ベンチマークツールによるパフォーマンスの検証・比較を行いました

サーバー基盤システムを刷新したsixcore(シックスコア)の実力を徹底検証・比較!

sixcore(シックスコア)の検証・評価レビュー