スターサーバーがオールSSD化でパフォーマンスが向上!その概要と検証結果を解説



ネットオウル株式会社の「スターサーバー」が、新規リリース、CPUコア数増加に続き、サーバーのすべての記憶媒体を、従来の HDD から SSD に変更する「オールSSD化」を実現しました。

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ) は、HDD(ハード・ディスク・ドライブ)よりもデータの読み書きの速度が速いため、より高速な処理が可能で、かつ物理的な故障が少ないのも大きなメリットです。

今回は、スターサーバーのオールSSD化前後における、パフォーマンス測定の結果を交えて、その詳細について見ていきたいと思います。



スターサーバーが仮想CPUコア数を増強!はたしてパフォーマンスは向上したか?


レンタルサーバーのオールSSD化によるメリット

レンタルサーバーは、Webサイトの公開とメールの利用が主たる用途ですが、メールの安定運用を重視する法人向けの一部サーバーを除き、ほとんどの共用サーバーでは、Webの領域とメールの領域は物理的に同じサーバーで運用されています。

一方、同じ Webサイト関連のデータを格納する領域でも、Webサイト本体のデータと WordPress を代表とする CMS(コンテンツマネジメントシステム)などで使用されるデータベースの情報は、物理的に別のサーバーに格納、処理されていることが多いです。



近年はより高速な処理を必要とする、データベースサーバーには従来の HDD と比較して、読み書きを高速に行える SSD が使用されることが多くなっています。これは、ディスク内の近い領域にデータが格納されている Webサイトのデータと比べて、データベースがより多くのデータを分散して格納しており、効率的に読み書きを行うために、より高速な処理を必要とするからです。

データベースの SSD化によって、Webサイトの表示速度は向上しますが、さらに Webサイトの格納領域も SSD化 することにより、さらなる Webサイトの表示速度を向上させることができます。

これが、ここ1~2年の間に急速に進められている「オールSSD化」の意味するところで、実際に当サイトによる過去の検証結果でも、レンタルサーバーのオールSSD化によってパフォーマンスが向上することが確認できています。



エックスサーバーがオールSSD化でさらに速度向上!表示速度と安定性の比較でその実力を検証
ロリポップ!エンタープライズプランのSSD化が進行中!そのパフォーマンスを検証比較


オールSSD化でパフォーマンスはどう変化したか?

では、今回スターサーバーのオールSSD化により、実際のパフォーマンスはどのくらい向上したのでしょうか。

当サイトでは、紹介しているレンタルサーバーに大きな仕様変更があった場合は、毎回各種ツールを使用して、実際のパフォーマンスを再検証しています。スターサーバーに関しても、つい先日CPUコア数が増えた際に検証を行ったばかりでしたが、今回改めて安定性や表示速度をチェックしました。

しかし、検証の結果、以下のように安定性、サイトの表示速度ともに、ほとんど変化はみられませんでした。(そのため、平均応答速度とPHP5.6 での WordPress の計測結果のみ掲載)

Webサーバーの平均応答速度

リリース時 コア数UP後 オールSSD化後
エコノミー 36 34 32
ライト 242 163 155
スタンダード 242 159 152
プレミアム 381 160 157
ビジネス 257 157 154

PHPバージョンごとの WordPress サイト平均表示速度

PHP5.6 リリース時 コア数UP後 オールSSD化後
エコノミー 2.4 1.5 1.8
ライト 4.0 1.6 1.6
スタンダード 4.4 1.7 1.5
プレミアム 3.8 1.5 1.6
ビジネス 3.9 1.7 1.9
平均 3.7 1.6 1.7

※エコノミーはWordPressが使用できないため HTMLサイトでの結果



見てわかるように、リリース当初とそれ以降では大きく変化が見られますが、CPUコア数増加後とオールSSD化後ではほぼ変わりがありません。

そのため、不思議に思ってスターサーバーのサポートに確認したところ、実は9月19日のオールSSD化の発表に先行して、新規のサーバーはすでにオールSSD環境で提供されていたことが判明しました。

CPUコア数増加の発表をした時点で新規提供されていたサーバーは、すでにオールSSD化されていたため、前回も今回も「CPU のコア数増加+オールSSD環境」での検証結果だったというオチでした。


スターサーバーのオールSSD化 まとめ

以上、スターサーバーのオールSSD化について、その概要と検証データなどを見てみました。

結局今回は、CPUコア数増加のみの環境とオールSSD環境との差分の検証は行うことができなかったため、純粋にオールSSD環境に変わったことによるパフォーマンスの向上度を確認することはできませんでした。

しかし、この「CPUコア数増加+オールSSD環境」の二つの相乗効果によって、サーバーの安定性と処理速度は格段にアップし、スターサーバーのパフォーマンスはトップレベルになりました。特にライトやスタンダードなどの低価格帯のプランは、他社に比べて安定性が高いため、コストパフォーマンスは非常に高いので、ロリポップ!やさくらのレンタルサーバよりオススメです。



【最新版】レンタルサーバーのベンチマーク総合評価ランキング(随時更新)
スターサーバーの検証・評価レビュー