独自ドメインでメールのみ運用するには?



レンタルサーバーを借りた場合、Webサイトの運用以外に、独自ドメインでメールの運用もしたいという人は多いでしょう。

また、中には Webサイトは不要、もしくは後日作成するので、とりあえず独自ドメインのメールだけ運用できればいいという人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではレンタルサーバーを使用して、独自ドメインでメールを運用する方法の概要から具体的な流れ、メールを運用するためのおすすめのレンタルサーバーについて説明します。


独自ドメインのメールを使えるようにするには?

独自ドメインのメールを使えるようにするためには、まず以下の 3つを用意する必要があります。



・独自ドメイン
・メールサーバー(レンタルサーバー)
・メールソフトやスマホなど



独自ドメインは、以前に比べて格段に安くなっていて、年額1,000円程度から取得でき、キャンペーンを利用すれば初年度はたったの数十円で取得することも可能です。

また、ネットビジネス向けの月額1,000円程度のレンタルサーバーを借りれば、独自ドメインを無料で取得することもできます。

レンタルサーバーで提供される無料の独自ドメインの場合、初年度のみ無料のところが多いですが、エックスサーバーはその後の更新料も無料になりますので、長年利用すれば大きな節約になります。

エックスサーバーの検証・評価レビュー



次に、メールサーバーですが、普通にレンタルサーバーを借りることで運用できます。ただ、中にはメールの運用自体ができないレンタルサーバーのプランもありますので、注意しましょう。

最後に、メールを実際に送受信するメールソフトやスマホなどに設定を行えば、利用できるようになります。

ドメイン取得業者の選び方とおすすめの業者



独自ドメイン取得からメール利用までの流れ

次に、独自ドメインを取得し、実際に独自ドメインのメールアドレスを利用できるようになるまでの流れを説明します。



1. 独自ドメインの取得
2. レンタルサーバーを借りる
3.(必要な場合)独自ドメインのネームサーバーの設定をレンタルサーバーのものに変更する
4. レンタルサーバーに独自ドメインの設定をする
5. レンタルサーバーでメールアカウントの設定をする
6. メールソフトやアプリなどにメールアカウントの設定をする



まず、独自ドメインを取得したら、次にレンタルサーバーを借ります。(この順番は逆でも問題ありません)

もし、独自ドメインをレンタルサーバーと別の会社で取得した場合は、ネームサーバーの設定を変更します。これは、独自ドメインのメールアドレス宛に送られたメールを、そのレンタルサーバー宛に転送するよう指示するための設定です。

ネームサーバーの情報が世界中のDNSサーバーに浸透するまで、実際にメールの運用は行えません。そのためには、数時間~数日待つ必要があります。ただ、先に他の設定を行っても問題はありませんので、次に進みます。

ネームサーバーについては、「独自ドメインの使い方と設定」の記事も参考にしてください。



次に、レンタルサーバーに独自ドメインの設定をします。

ネームサーバーの設定を行うことで、独自ドメインのメール宛にメールを送った際に、利用するレンタルサーバー宛に送られるようにはなりましたが、さらにそのサーバーの中の自分が契約しているディスク領域にメールが届くようにする設定です。



そして、レンタルサーバーに独自ドメインの設定をしただけでは、メールアドレスは使えるようになりません。さらに、メールアカウントの設定をします。

具体的に言うと、メールアドレスの@マークより左側の文字列を決めて、それを使えるようにする作業です。

    abced@biz-server.net
    fghij@biz-server.net

上のように好きなアカウント名を設定し、レンタルサーバーのディスク領域内に各メールアドレスのためのメールボックスを作ります。

これで、独自ドメインのメールを利用できるようにするための作業は終わりました。



最後に、メールソフトやスマホなどに、独自ドメインのメールアドレスを送受信するための設定を行えば、送受信ができるようになります。

なお、レンタルサーバー自体にも Webメールの機能を用意しているところが多いので、メールソフトやスマホなどを使用せず、Webメールを使うことも可能です。



メールの運用に無料のレンタルサーバーを使ってもいいか?

独自ドメインは年額 1,000円程度ですが、取得するには必ず料金が発生しますので、それ以外の費用を浮かすために無料のレンタルサーバーを借りよう、と考える人もいるかもしれません。

しかし、無料のレンタルサーバーは絶対に避けたほうがいいです。

無料のレンタルサーバーというのは、無料で提供する代わりに、安定性やセキュリティ等に対して責任を負ってくれません。つまり、送られてきたメールや送ったメールがきちんと届かない可能性があるということです。



万一、顧客からメールが来た時に、サーバートラブルでそのメールを受け取れなかったことを考えてみましょう。

メールをしてくる顧客というのは、購買意欲が非常に高いお客様である可能性が高いです。しかし、レンタルサーバーの障害などで、その顧客からのメールを受け取れず、リターンメールが返信されてしまった場合、再度その顧客がメールをしてくることはないでしょう。

これは、非常に大きな機会損失です。



Webサイトの安定性は非常に重要ですが、それ以上にメールの安定運用はビジネスにおいて非常に重要です。もし、ビジネスとして事業を行うのであれば、安くても絶対に有料のレンタルサーバーを借りましょう。

また、激安のレンタルサーバーも障害等が多く、稼働していない時間帯が長くなりがちなため、やはりあまりおすすめできません。


独自ドメインのメールを運用をするためのレンタルサーバー

Webサイトなどの運営はせず、できるだけ安く独自ドメインのメールだけ利用できればいいという人には、メールのみの運用ができる以下のようなプランがあります。

●ムームーメール
●さくらのメールボックス(メールサーバー)



これらはメール専用のサービスのため、非常に安価です。

しかし、もし将来的に Webサイトを作る可能性が少しでもあるのなら、最初から Webサーバーも利用できるプランを借りたほうがいいです。



その理由は、

・どちらのサービスも、サーバーのスペックなどが公開されていないので、どのくらい安定しているのか不明
・もし、レンタルサーバーへメールアドレスを引っ越す場合、割と手間暇がかかる
・同じ系列の一番安価なレンタルサーバープランと比較しても、年額で500円程度しか違いがない

といった点があります。



同じ系列会社の格安プランでは、以下のようなものがあります。

・ロリポップ! エコノミープラン
・さくらのレンタルサーバ ライトプラン

どちらも月額100円台のプランのため、独自ドメインと合わせても、年額2,000円ちょっとで利用できますから十分安いと言えます。



特におすすめなのは、「ロリポップ!のエコノミープラン」です。

理由としては、



・将来的に Webサイトを増やしたり、ディスク領域を増やしたりしたくなった場合、簡単に上位プランに変更できる
(さくらの場合、上位プランに変更するには新たに契約し直すことになり、データの移行や設定などを一から行う必要がある)
・同社系列の「ムームードメイン」は安く独自ドメインが取得でき、「ロリポップ!」ならネームサーバーの設定も不要
・サーバーの機能やマニュアルが見やすく、使いやすいため、初心者でも利用しやすい



そのため、もし安く独自ドメインでのメール運用をはじめたいのであれば、まずは「ロリポップ!のエコノミープラン」から始めることをおすすめします。

ただ、ロリポップ!のエコノミープランでは、メールとチャットサポートは使えますが、電話サポートは使えませんので、どうしても電話サポートが必要な場合は、ロリポップ!のスタンダードプランにするか、さくらのライトプランにするのがいいでしょう。

もちろん、本格的にビジネスで利用するのであれば、最初からエックスサーバーなど、当サイトで紹介している安定したサーバー環境で運用しましょう。



独自ドメインでメールを運用する全工程をわかりやすく解説!<ロリポップ!+ムームードメイン>

「ロリポップ!」の公式サイト
「さくらのレンタルサーバ」の公式サイト



ネットビジネスに最もおすすめのレンタルサーバー

エックスサーバーの評判とレビュー 最高のスペックと安定性、そして高いコストパフォーマンスを持つエックスサーバー。当サイトが独自に行ったテストの結果でも、安定性・処理能力ともに 2年連続 1位を獲得した実力のあるサーバーです。
また、的確で手厚いサポートや真にユーザーのことを考えたプラン構成などで、多くのネットビジネスオーナーからも高い評価を得ています。

エックスサーバーの検証・評価レビュー