さくらのレンタルサーバーの評判は?独自検証データで評価レビュー



レンタルサーバーの老舗で、業界最大手の一つ、さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバを運営しているさくらインターネット株式会社は、1996年に創業者の田中邦裕氏が、高専在学宙に始めたホスティング事業から大きく拡大していき、現在は国内最大規模のデータセンターを持つ、東証一部に上場するまでに成長しました。

他のレンタルサーバー会社の多くが、このさくらインターネットのデータセンターにサーバーを設置しており、信頼性は非常に高い会社です。

さくらインターネットは、個人向けのサーバーから、大規模な高火力 GPU サーバーや最先端の IoT プラットフォームまで、非常に幅広いサービスを展開していますが、ここでは個人~一般法人向けの「共用サーバー」プランについて、その魅力を紹介していきます。

さくらのレンタルサーバの特徴とメリット


  • 国内最大級のデータセンター+高スペックサーバー
  • 転送量が多く、さらにリソースブースターの利用も可能
  • 無料のSSL証明書が利用できる
  • バックアップ&ステージング機能がとても便利
  • フリーダイヤルの電話サポート利用でき、サポートの質も高い
  • スマホアプリ「さくらポケット」でスマホのデータを保存可能

さくらのレンタルサーバのサーバースペック

CPU Xeon E312xx(4コア4スレッド)
スタンダードプラン:Xeon E5-2650 v3(10コア/20スレッド)
メモリ 18GB~48GB
稼働率 99.99%以上
バックボーン回線 942Gbps
記憶媒体 オールSSD
Webサーバー Apache(アパッチ)
nginx(エンジンエックス)(※スタンダード以上)
高速化機能 HTTP/2・PHP モジュールモード(※スタンダード以上)
PHP7対応

国内最大級のデータセンター+高スペックサーバー

さくらインターネットのデータセンターは国内最大級で、多くのレンタルサーバー会社も、さくらのデータセンターにサーバーを置いてサービスを提供しています。

CPU やメモリなどのサーバースペックは、各サーバーをユーザーが借りたタイミングやプランによって異なりますが、最安のライトプランでも「Xeon E312xx(4コア4スレッド)」+18GB のメモリで提供されています。

また、一番人気のスタンダードプランでは、さらに上位の「Xeon E5-2650 v3(10コア/20スレッド)」+48GB のメモリという、なかなか高いスペックでの提供を開始されました。

稼働率は 99.99%以上と高く、データセンターから世界中のインターネットにつながるバックボーン回線も 942Gbpsと、国内最高レベルになっています。


転送量が多く、さらにリソースブースターの利用も可能

さくらのレンタルサーバは、転送量の上限が多いのが特徴で、さらに一時的なアクセス増に対応可能な「リソースブースター機能」も利用できます。

転送量は、自分のサイトを閲覧するユーザーに対して、サーバーから送り出されたデータ量のことを指します。そして、アクセスが増えてサーバーが落ちてしまったり、他のユーザーに影響を与えないように、負荷を一定以上に抑えるために、この転送量には上限が設定されています。

さくらは、この限界値が高いということで、同じ価格帯の他社のサーバーよりもアクセス増に対応しやすいわけです。

また、SNS やテレビなどの影響で、サイトのアクセスが急増することがありますが、そういった場合にも、一時的にこの転送量上限を増やすことができる「リソースブースター」を利用できるため、さらに安心です。


無料のSSL証明書が利用できる

さくらのレンタルサーバでは、すべてのプランで無料の SSL証明書である、「Let’s Encrypt」を利用できます。

現在、暗号化されていない Webサイトは、Google Chorme で「安全ではないサイト」と表示されるようになっています。そのため、サイトの全ページを暗号化する「常時SSL化」は必須になっていますが、それには SSL証明書が必要です。

SSL証明書は基本的に有料で、さらにサイトごとに証明書の取得が必要なのですが、さくらではサイトがいくつあってもすべて無料で利用できますので、サイト数が多ければ多いほど、SSL証明書の料金を節約することができ、お得です。


バックアップ&ステージング機能が非常に便利

2018年1月から、さくらのレンタルサーバにもバックアップ機能が利用できるようになりました。

バックアップの機能では、Webサイトと WordPress のデータベースのデータを、最大8つまで(30GB/個)保存できます。(自動的バックアップは不可)

また、サイトを公開する前に、同じサーバー環境で修正などを行える、ステージング機能も利用できます。そして、これが非常に便利。

WordPress などの CMS を使用している場合、サイトのデザインである「テーマ」などを変更した場合に、それをアップする前に細かくチェックすることが難しいです。そのため、自分が色々調整をしている最中も、その状況を閲覧者に見せてしまうことになりかねません。

しかし、このステージング機能を利用すれば、実際にアップするサーバー上で、しっかり変更点を確認した後で、閲覧者に公開することができるようになります。これは想像以上に重宝する機能ですし、他の共用サーバーではほとんど利用できないので、さくらの大きなメリットです。


フリーダイヤルの電話サポート利用できサポートの質も高い

人件費削減のため、格安のレンタルサーバーでは電話のサポートが利用できない会社が多いのですが、さくらのレンタルサーバは、一番安いライトプランでも電話サポートを利用できます。しかも、フリーダイヤル。

もちろん、さくらインターネットのサポートの質は高く、割と高度な質問にも的確に答えてくれます。

また、公式サイト上にあるマニュアルやよくある質問なども、画像が多くてわかりやすいほか、注意点や注釈なども細かく記載があるので、問題解決をしやすいです。


スマホアプリ「さくらポケット」でスマホのデータを保存可能

さくらのレンタルサーバでは、「さくらポケット」というスマホアプリを提供しており、このアプリを利用すれば、スマホのデータなどをレンタルサーバー内に保存することが可能です。

スマホの写真画像などで、スマホの容量がいっぱいになってしまった時にも、さくらポケットがあれば、大事な画像データを削除せずにサーバーの空いた領域に保管することができます。

もちろん、さくらポケットと連動しているサーバー上の領域は、他のユーザーやネット上から見ることができない安全な領域になっていますので、安心です。


さくらのレンタルサーバの仕様一覧

プラン名 ライト スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプロ
初期費用
(税込)
1,029円 5,142円
月額料金
(税込)
1,543円/年
(129円/月)
515円 1,543円 2,571円 4,628円
ディスク容量 10GB 100GB 200GB 300GB 500GB
マルチドメイン数 20個 100個 150個 200個 200個
データベース数
MySQL(MariaDB)
なし 20個 50個 100個 200個
メールアカウント数 無制限
転送量 40GB/日 80GB/日 120GB/日 160GB/日 200GB/日
無料独自SSL Let’s Encrypt
WordPress
簡単インストール
バックアップ&ステージング機能 × Web+データベース:8世代まで・30GB/個
(データベースはWordPress利用時のみ)
プラン変更 不可
サポート 電話(平日10時~18時)
メール(24時間365日)
お試し期間 14日間
高度な機能 HTTP/2・SSI Cron・SSH
その他の機能 アクセス解析・Webメール・メールウィルスチェック・スパムフィルタ・メーリングリスト・ファイルマネージャー・モリサワWebフォント


さくらのレンタルサーバの総評

一口にレンタルサーバーの会社といってもいろいろで、たとえ大手の会社であっても、データ消失や長期間のサーバー停止など、非常に致命的なトラブルを複数回に渡って起こしているところもあります。

一方、さくらインターネットは、データセンター専業事業者として20年以上の歴史があり老舗ですが、これだけ大規模にサービスを展開しているにも関わらず、これまで目立った大きなトラブルはありません。

多くのレンタルサーバー専業会社が、さくらインターネットのデータセンターに拠点を置いていることからも、その信頼性の高さがうかがえます。

実際のサーバーの安定性やスペックなどに関しては、やはり料金に比例するところはありますので、ネットビジネスに利用するのであれば、やはりスペックが高く、一番人気のスタンダードプランがおススメです。実際に行った検証でも、一つ上のプレミアムプランより安定性が高く、表示速度も速い結果が出ていますので、個人で始めるなら「スタンダード」プランがベストです。

また、中規模以上の企業サイトなら、さらに安定性が高い「ビジネス」プランがおススメです。