Webサーバーの安定性を独自調査データで比較【2018年版】



ネットビジネスのためのレンタルサーバーにとって、最も重要なのは安定性。収益源となっている Webサイトが、表示されたりされなかったりするような状況が発生するのを防ぐためには、この安定性をチェックすることが必要です。



ただ、Webサイトを頻繁にチェックしたとしても、サイトの表示速度はわかりますが、よほど頻繁にサーバーが落ちてしまうような状況が発生しない限り、目視で安定具合をチェックするのは困難です。

また、サーバーエラーや障害以外でも、様々な要因によって Webサイトが一時的に表示されなかったり、表示に時間がかかってしまうといったことは日常的に起こりえます。エラーや障害が発生した場合には、ログや障害情報をチェックすればわかりますが、明らかな症状がない場合には、その問題に気づくことすらできません。



そこで、サーバーの状況を監視できる専用のサービスを利用して、Webサーバーの安定性と応答速度をチェックし、比較してみました。



Webサーバーの安定性と応答速度をツールで比較(monitis)【2017年版】
Webサーバーの安定性を monitis で比較チェック【2016年版】


Webサーバーのモニタリング実施概要

Webサイトの安定性と応答速度を調査するため、例年通り monitis というサービスを利用しました。monitis はサーバーをモニタリングするための多くのサービスを提供していますが、ここでは Uptime Monitoring という死活監視の機能を利用して、Webサーバーの稼働状況をチェックします。



具体的にチェックするデータは、以下のような情報です。

  • Webサーバーが常時稼働しているか
  • リクエストに対し、コンテンツのデータをきちんと返しているか(Webサイトが表示されているか)
  • どれくらい速く応答しているか

これらの状況をチェックすることで、Webサイトが常時表示されているか、またどのくらい速く応答できているか、を知ることができます。


測定条件の詳細

今回もすべてのサーバーに、全く同じ内容の WordPress サイトを構築します。そして、測定するサーバーから、各サイトに「HTTPリクエスト」を投げて、その応答状況を比較するという形で実施しています。

※「HTTP リクエスト」=ブラウザが Webサーバーに、サイトのデータを送り返すように要求する命令のこと。ブラウザで Webサイトの表示をするのと同じプロセス。

以下が、その詳細条件です。

WordPress のバージョン ver.4.9.4
WordPress のテーマ Twenty Seventeen
WordPress プラグイン WP Multibyte Patch / Akismet / Hello Dolly
PHPのバージョン PHP 7.0
(ロリポップ!と heteml は 7.0 利用不可のため 7.1)
PHPのモード CGIモード
(ロリポップ!・heteml のみ:モジュールモード ※変更不可のため)
コンテンツ内容 WPテーマユニットテスト
(すべてのコンテンツをトップページに表示した状態)
測定ツール monitis
測定元サーバー(東京・新宿)
測定期間 7日間(2018年3月中旬実施)
測定内容 httpリクエストへの応答状況
(60秒毎にリクエスト実施/10秒でタイムアウト)
測定状況の流れ 日本国内のサーバーから HTTP リクエストを送信
リクエストは 1分毎に送信し、10秒で返信がなければタイムアウトとする
コンテンツ内の特定の文字列が返ってくるかもチェック



プラグインに関しては、WordPress をインストールした際にデフォルトで導入されているもので、特に意味はありません。

ロリポップ!・heteml は PHPモジュール版を使用、エックスサーバー系列(エックスサーバー・sixcore・スターサーバー)で解除不可の「FastCGI」「OPcache」以外は、キャッシュ系のプラグインや高速化処理は使用していません。

コンテンツは、WordPress Codex で提供されている「WPテーマユニットテスト」というデータを利用しています。テキストの量もほどほど、画像や Youtube なども貼り付けられているので、現実のブログなどに近いデータ量になっています。誰でも利用できるコンテンツなので、今回検証した条件を再現することも可能です。



なお、昨年まで計測していた、ABLENET(エイブルネット)・WebARENA SuiteX・Bizメール&ウェブエコノミーの 3つに関しては、かなり迷ったのですが、ユーザーにメリットの大きい PHP7.0 への対応を未だに行っていないこと、また WebARENA は WordPress などの自動インストール機能を廃止するなどといった状況もあり、今回は対象から外しました。

中でも ABLENET と WebARENA は、サーバー自体の安定性や性能などが高く、コストパフォーマンスもいいなど、メリットが大きいサーバーなので、とても残念です。


Webサーバーの安定性比較

さて、実際に Webサーバーの安定性の状況を比較してみましょう。

チェックする項目は 2つで、「応答なし回数」「平均応答速度」で、それぞれを順位付けしたものを総合して、総合順位をつけています。


  • 応答なし回数:リクエストに対して 10秒以内に最初の応答が返らなかった回数(0に近いほど安定)
  • 平均応答速度リクエストに対しする応答速度



要するに、「応答なしの回数」が少ないほど、また「平均応答速度」が速いほど、安定しているサーバーと考えます。

以下にその結果を、個人向けサーバーと法人向けサーバーで分けて掲載します。


個人向けサーバーの安定性比較

Webサーバーの安定性比較一覧(個人向け)


サーバー名
(プラン名)
応答なし回数
(回)
平均応答速度
(ミリ秒)
総合順位
heteml
(ベーシック)
0 208.0 1
エックスサーバー
(X10/スタンダード)
0 392.7 2
mixhost
(スタンダード)
1 170.1 2
カゴヤ
(S11)
0 440.9 4
スターサーバー
(スタンダード)
5 325.0 5
ロリポップ!
(スタンダード)
1 443.5 6
さくらのレンタルサーバー
(スタンダード)
8 1246.5 7
お名前.comレンタルサーバー
(SD-11)
21 1122.3 7

※無断転載禁止



今回もお名前.comレンタルサーバーを除き、「応答なしの回数」は少ないので、全体的には安定していると言えるでしょう。

お名前.comレンタルサーバーも、昨年は応答なし回数が 5回程度に留まり、安定性が高まったかに見えたのですが、今回はまた少し増えてしまいました。サーバーの個体差が影響していたかもしれませんね。

昨年、応答速度のスピードで順位を落としたカゴヤは復活し、再び上位に食い込んでいます。また、mixhost も、応答速度はダントツに速く、2位になりましたが、1回だけ応答なしが発生してしまいました。

1位・2位の heteml やエックスサーバーは、例年のように「応答なし回数ゼロ」と、抜群の安定さを見せてくれました。



なお、基本的に月額料金が 1,000~2,000円程度のプランを検証の対象としていますが、今回はスターサーバー・ロリポップ!・さくらインターネットに関しては、月額500円台の「スタンダード」プランを使用して検証しています。これは、全プランの中でもユーザー数が一番多いこと、上位プランより性能がいい、の 2つの理由からです。

いずれのサーバーも昨年と比べると成績は上がっているものの、やはり上位のエックスサーバーなどには一歩追いつかない感がありました。



法人向け Webサーバーの安定性比較

Webサーバーの安定性比較一覧(法人向け)


サーバー名
(プラン名)
応答なし回数
(回)
平均応答速度
(ミリ秒)
総合順位
CPI
(シェアードプランACE01)
0 381.9 1
sixcore
(S1)
5 297.3 2
WADAX
(TypeB)
3 525.3 3
iCLUSTA+
(ミニ)
83 4018.0 4

※無断転載禁止



こちらも「応答なし回数」は少なめに抑えられていますが、iCLUSTA+ はやはり応答なしが多いです。全サーバーと見比べても、目立って応答速度が遅いので、タイムアウトが多いことが原因と考えられます。

昨年はトップだった sixcore は、ちょっと応答なしが出てしまい、安定性では CPI に追いつかれてしまいました。WADAX は、一昨年のように短時間に応答なしが増えるようなこともなく、安定した結果が見られました。


「応答なし」の発生原因とは

上に挙げた「応答なし」は、障害などによるサーバー停止が原因であることはほぼありません。

そのほとんどが、何らかの原因でサーバーからの応答が遅くなったり、帰ってこなかったりしたことが原因のため、当サイトで紹介しているレベルのサーバーであれば、サーバー自体が簡単に落ちてしまうということはほとんどないと考えていいです。

おそらく、一時的な負荷や経路上の問題などが考えられますが、同じ条件ですべてのリクエストに応答を返せているサーバーがあることを考えると、やはり応答なしの回数が多めのサーバーは、やや不安定と考えていいでしょう。


まとめ

以上のように、一応わかりやすく比較するために順位付けはしましたが、たとえ「応答なし」が1週間で20回発生したとしても、10,080回のリクエストに対しては、たったの 0.2%にしかすぎません。

ですから、多少の応答なしがあっても、基本的にそれほど気にする必要はないでしょう。また、多少応答に遅れがあっても、ほとんどの場合、サイトの表示はできるはずです。そのため、応答なしの回数と平均応答速度が、他と比べて明らかに遅いものを避ければいいでしょう。



もちろん、アクセスが増えてくれば、収益機会を逃す可能性もあると思いますので、やはりできるだけサーバーの応答が速く、安定したサーバーを選択するのがおススメです。

そういう意味では、3年連続で最上位を達成しているエックスサーバーや同じく heteml 、法人であれば CPI などは安心して利用できるサーバーと言えるでしょう。

今なら、独自ドメインがずっと無料になるキャンペーンを実施中!
2018年4月13日(金)12:00 〜 5月31日(木)18:00

「エックスサーバー」のお申し込みはコチラ



heteml(ヘテムル)のお申し込みはコチラ

CPI シェアードプランのお申し込みはコチラ